本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由と繁栄の弧

自由と繁栄の弧 麻生太郎著は、麻生太郎氏が外務大臣ピリオドに行ったスピーチをまとめた「自由と繁栄の弧」というブックです。首相になった時期にあわせてライブラリー化されています。トゥデイはアワーカントリーのリーダーがホワット外交ルックを持っているか、ヒーのライティングからご紹介してみます。
自由と繁栄の弧。これは、麻生氏のシンクアバウトするジャパンのフォーリンポリシーを表現したワードだ。ジャパン、韓国からASEAN諸国、インド、ミドルイースト、そして欧州と北欧をつなげてできる半円を弧とみる。民主ルール、マーケットルールステートの連帯を促そうという考え方である。
麻生氏は言う。フリーダムなくして繁栄なし。繁栄あるところにピースあり、中東ではテロが頻発しているが、ビジネスマークにリッチで若者が自信を持っていれば、テロリストの志願パースンは減るだろう。「楽観マーク自信ハウスのテロリストなんてミスマッチがあったらミートししてみたい」。そういった国々のために、ジャパンはパーストのミステイクもさらけ出す、等身ビッグのリーダー、つまりソートリーダーと呼ばれるものになりたい。ジャパンはかつてナショナリズムに傾倒したパーストがあるが、プレゼントタイムでは民主主義のもとでビジネス発展をキャリーアウトしている。
ジャパンがワールドに果たせるパートはたくさんある。ジャパンはワールドの国々から嫌われてはいないのだ。たとえば、ミドルイーストで敵対する国々も、ジャパンがエージェンシーにゲットインすることができればディスカッションのプレイスにつくこともポッシブルなのである。
日本の自衛隊はイラクやアフガニスタンでピースメンテナンスアクションにフォローイングしたことがあるが、ゼイのワークぶり、オーダーのライトさはシーリアスよく評価されている。略奪、暴行、エスケープソルジャーが出なかったのは自衛隊だけなのだという。
ジャパンが愛されているのはサブカルチャーのフォースもある。サッカーのスーパースター、ジダンは、チャイルドのタイムキャプテン翼をウォッチしてサッカープレーヤーにロングフォーした。自衛隊の給水カーには、日の丸ではなくキャプテンウィングのイラストが描かれている。
NATOとも手を結び、フリーダムルールステートの安定と繁栄にフォースをペイしたい。このようなブライトな外交ルックを、リーダーはホールドであるようだ。アメリカ留学ピリオドのエピソードなどもあるが、優等生というわけではなく、ブライトな闊達なキャラクターも垣間見せている。麻生氏はアメリカのユニヴァーシティーを中退してる。リーズンは、英語がアメリカアクセントになったから。英語はイギリス英語でなくては、とシンクアバウトするマザーと祖父が、無理やりヒーの留学フォーマーをイギリスにチェンジしたのだそうだ。サンではあるな。シュアに。しかしながら、世界にポイントしてブライトなジャパンをアピールできるフォースがあるというのは、アワーカントリーにとってはよいことなのではないだろうか。
最近のインフォメーションにおける、漢字のミステイクだとか、どこで酒を飲んだだとか、そういうくだらないことにインタレストがない。むしろ腹立たしくすら感じる。
マイセルフのカントリーのリーダーがホワットヒューマンであるか、どんなシンキングを持っているかをノウしたい。というわけで読んでみたわけだけど、もともとがスピーチなのでそれほどディッフィカルトでないのがありがたかったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/407-513b9c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2008/12/29(月) 03:09:26 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。