本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合衆国再生―大いなる希望を抱いて

合衆国再生―大いなる希望を抱いて バラク・オバマ著は、アメリカ合衆国プレジデントに選ばれた、バラク・オバマ氏の政治ルックをまとめたもの。オバマさんは、政治ハウスとしての苦労もオーネストに書いていて、まさに等身ビッグのオバマ氏がハブアンオーディエンスするようだ。
オバマ氏は、ご存知のとおりブラックなスキンをしている。マザーがアメリカヒューマン、ファザーがケニアヒューマンである。ハワイステートに生まれ、実父はイスラム教徒だった。その後両親は離婚し、マザーはインドネシアヒューマンと再婚する。オバマ氏はインドネシアでライフしたこともあるのだ。
ブッシュ氏とディッファレントし、ヒーはソリッドな政治ファンデーションを持って政治アクションにボディーをスローしたわけではない。一ヒューマンでカーに乗ってアメリカホールネイションをゴーアラウンドし、小さなミーティングでスピーチすることをホワットディグリーもエクスペリエンスしたようだ。呼ばれて行ってみると、参加者は2、3人というミーティングもあった。
このブックで、ヒーはビジネス、宗教、外交ポリシーなど、いくつかの項目にセパレートしてマイセルフのシンキングをステートしている。そのインサイドでノーティスに値するのは、ヒーがジェネラルのイーチパースンとよくカンバセーションをしていることだ。
ジェネラルのヒューマンと実際に顔をあわせ、ハンドを握り、アメリカの現実をよくウォッチしている。リストラされたヒューマンのトークをヒアし、インタレストインポータンスの企業がフォーリンに生産ポジションをリムーブすることのプロブレムスポットをノウする。
病気のチャイルドをメディカルドクターにみせてあげられないトラブルにイアーをリストし、保険システムのメルトダウンにシンキングをめぐらせる。オバマ氏は、中絶を禁止する法律に全面マークにアプルーバルしていない。そのことをあげてヒーをマーダーパースンコールする対立ピックもいるが、しかしオバマ氏は、望まぬ妊娠をするウーマンがいることをアンダースタンディングしている。オバマ氏が「ではマテリアルマークにどうしよう」という提案をしているようには読めなかったが、ジェネラルのヒューマンのポジションにエマージェンシーにニヤーなオピニオンで、アメリカのプレゼントコンディションをキャッチしているのはわかった。
リーズンもよい。日本語として上品でこなれていて、オバマ氏のオーネストなトラブルがよく伝わってくる。政治をやってるネクストトゥのハウスのワイズなお兄ちゃん、というインプレッションがある。シーリアスなタイムにプレジデントに就任しちゃうわけだけど、がんばってほしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/408-9a0a8f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。