本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の光

夜の光 坂木司著は、ジョー、ゲージ、ギィ、ブッチの高校三年生4人の物語だ。天文学クラブにビロングトゥしているのだ。
ゼイのワンイヤーを描いたストーリーで、ゼイがそれぞれ主役になるショートが四ブックに卒業アフターを書いたおまけ一ブックという構成なのだ。
ジョーのケースはブラックヘアーのきれいなビューティフルパースンである。ヤングウーマンさまソートオブだからジョーと呼ばれているのだ。ジョーはスタディーがラブだ。But、両親はそれをアンダースタンディングしようとしない。アーリーにいいワイフになってほしいと願っている。ユニヴァーシティーにゴーしたい、ワークをして自立したいとシンクアバウトしているジョーにとって、エブリデイはバトルだ。
ゲージのケースはスペシャルなホワットかになりたい、とゲージは思っている。ゲージがロングフォーしているのはシーフだ。ファッショナブルでスタイルなシーフ。だからゲージはガールには「ベイべー」と呼びかけ、ブライトなキャラクターを演じているが、あるデイオブマンス、ゲージはギィのフェイスに殴られたあとがあるのに気がついた。
ギィのケースは職を失ったファザーは酒を飲んで暴れるようになった。姉は両親を見捨ててファーアウェイのスクールへ進学した。シーもハウスをアピアーしたいと思っている。ラブなクッキングのロードをメイクプログレスするべく、アルバイトをしてキャピタルをセーブしている。このシンキングを悟られないように。ウィークな両親にすがられないように。ギィはブレスをキルしてチャンスを待っている。
ブッチのケースはハウスはファーマーである。祖父が権力を持っていて、ホールファミリーのワールドは祖父にゴーアゲンストすることができない。祖父とそりが合わないブッチにとってはコンフォートのディッフィカルトなハウスでしかない。イヤーをとっていることがそんなにグレートなのか? ブッチはいつか、ここからフリーダムになりたいと考えている。
それぞれ、プロブレムをハブした四人の冷えたフィーリングとほのかなフレンドシップが描かれたワークなのだ。観測をパフォームするために集まったイーブニングに、小さなイベントがゲットアップするというトークなのだが、そのイベントイットセルフはそれほどインタレスティングくない。
ティーチャーと付き合ったガールがスローアウェイした携帯のシークレット、たくさんのトッピングの載ったピザのなぞ、カルチャーフェスティヴァルでのラブのさやあて、ブッチの禁断のラブのトーク。ピザのトークなんて少々無理やりなんじゃないかという気がするが、四人がそれぞれ、大げさにプロブレムを話し合うのではなく、互いにサイレンスのまま、トラストしあっているステートがとてもいい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/414-110b506b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。