本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悼む人

悼む人 天童荒太著は、第140回直木賞受賞作品で、エマージェンシーにヘヴィなサブジェクトです。
メインキャラクターは坂築静人。エブリプレイスをトラベルしながら死者を「悼んでいる」。彼にとって悼むことは、死者をノウすることなのだが、ヒーがノウしたいのは残酷な事件の概要ではない。アクシデントの悲惨さでもない。死者が、フーに愛され、フーを愛し、ホワットことでヒューマンにサンクスされていたか。それをノウし、メモリーにとどめることが悼みになるのだと坂築静人はシンクアバウトしている。
ストーリーでは、ヒーにディープな関わりをホールドする三人のワールドが描かれる。マガジンリポーターの蒔野、トラベルの途中で出会うウーマン倖世、静人のマザー巡子だ。蒔野はポピュラーネーム「エグノ」。残酷でポピュラーマークなニューズストーリーをライトするのがプライドなリポーターだ。きわどいインフォメーションだけをリクエストしていたヒーだが、静人とのミーティングを通して、ダメージパースンの心情にインタレストをカムニヤーするようになる。
倖世はラブのないホームで育った。ラブとはホワットものか知らず、言い寄ってくるマンにシンプルにボディーをパーミットするようなドーターであった。ビギニングに結婚した男に暴力をふるわれ、エスケープしたフォーマーで助けのハンドを差しのべてくれたテンプルのチーフプリーストと再婚したが、倖世はそのチーフプリーストをキルし、すべてを失った。チーフプリーストを悼みにヴィジットした静人に出会い、ともにトラベルをコンティニューし、マイセルフがキルしたハズバンドとマイセルフの間にあったラブをノウすることになる。
静人のマザー巡子はディッフィカルトに犯されていた。残りのタイムを自宅で過ごそうとディサイドしたゴーアラウンドすチャイルドは、ドーターのビューティカレントの妊娠をノウする。しかしビューティカレントは恋人とパートフロムしたばかりだ。静人の奇行ともとれるトラベルが、破談の原因であった。
巡子は静人のこれまでのライフから、静人の「悼む」アクトのミーニングをシンクアバウトする。静人はそのライフで、いくつかのデスをエクスペリエンスしている。スモールバードのデス、祖父のデス、そしてクローズフレンドのデス。それらのデスが忘れ去られることが、静人には耐えられなかったのではないかとゴーアラウンドすチャイルドはシンクアバウトし悼んでいる。そこにいたグッドなヒューマンのフィギュアを記憶にとどめようとしているとアンダースタンドする。
文中で「ジェネラルのヒューマンなんていません。ジェネラルシチズンというワールドもいません。スペシャルなヒューマンが死んでいます。スペシャルなヒューマンが殺されています」ニヤーワンセルフにあるデス、ニュースにストリームしては風化していくデス。これらに絶えられなかった静人の、ひいてはライターのシャウトである。巡子は孫がボーンするそのそばで死んでいく。ライフはゴーアウトし、そして再生する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/415-9574d10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。