本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライム後の新資産運用

サブプライム後の新資産運用 中原圭介著者は、ディッファレントカラーのビジネスブックで文系のパースンでもピースオブマインドして読んでいただけるのです。ライターバイワンセルフが文系の出身でユニヴァーシティーのスペシャルスタディーはヒストリーナレッジなのです。
ライターは金融工学はプラクティスでは役に立たないのだというのです。金融工学のプロたちが、ディスタイムの金融クライシスで大ダメージをテイクアウトしたことでそれはプルーフされている。
ライターがよってスタンドするところはヒストリーと心理ナレッジだ。ビジネスのヒストリー、ワールドの心理を分析することで、コンディションをデシジョンすべきだとシンクアバウトしている。
ライターは、プレゼントタイムまで資産フォーメーションの定石とされてきた長期投資と国際分散投資をフロントから否定する。コンディションの流れが減速にフェイスする今、ロングタイムピリオドで投資することは必ずしもマネーが増えることにはつながらない。
グローバル化するビジネスのインサイドで、分散投資をしてもリスクを軽減することにはつながらない。一カントリーのビジネスは、ワールドのコンディションのストリームと連動しているのです。
ホワットに投資をするべきかというと、フォーリンマネーバンクアカウントだとライターはクレイムしているが、ジャパンのナショナルパワーはビカムウィークしていく可能カスタムがハイ。少子高齢化がメイクプログレスすると、税収はフィールダウンし、ソサエティー保障費は増加する。
長期マークにウォッチすればマネーチープに向かっていくポッシブルカスタムがハイので、ラウンド以外の通貨を持っておくパースンがピースオブマインドなのです。
投資トラストによる資産フォーメーションもよいが、そのエッジにはETFとばれる株価指数に自動的に連動するものをバイするのがよいというのです。
プロにリーブトゥするより、指数に連動するタイプのもののパースンがレコードがよいのです。必ずしも上げ相場ばかりではないので、場合によっては投資をやめることもインポータント。長期に保有しても、損をする場合がアピアーしてくるのです。
説得フォースがあり投資にインタレストがないという方にも、ビジネスのラフなストリームをリードするというミーニングではインタレスティングな一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/423-63243dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2009/02/06(金) 16:48:49 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。