本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利休にたずねよ

利休にたずねよ 山本兼一著は、第140回直木賞受賞作でストーリーは千利休が豊臣秀吉からデスを命ぜられた日のデイビフォーからビギンする。そこからゴーバックしながら、ビューティをインベスティゲイションした利休のライフと、ヒーのホールライフをルールした、フォーリンカントリーのウーマンとのラブをドローする。
利休、そのワイフ、秀吉、家康、石田三成、古田織部、そして利休に頼まれてライスボールを焼いた瓦ワーカーなど、さまざまなワールドの目を通して利休イメージをドローするという構成なのです。
一章がショートに、センテンスにラインフィードがメニーのでリードしやすい。ワールドヒューマンとなった秀吉だが、ただ一ヒューマンだけ屈服させられないワールドが存在していたのが利休だ。利休のアイは冷酷だ。いつも秀吉にコウルドなルックをセンドし、下賎のものと軽蔑をしている。利休のマナーはフレンドシップだが、礼をランアウトしたマナーとオポジットに、ネイチャーにハイドしたプライドがショースルーして見える。
利休を「のどにささった小骨」だと秀吉はシンクアバウトするが、しかし、秀吉は利休の眼力にはオールのトラストを置いている。トールの目利き、茶室のしつらえ、ティーをいれるしぐさのすべてに、秀吉は感服せざるを得ない。
秀吉は、かねてから利休の持っている香合にインタレストを持っていたのだが、高麗のものであるというそれは、緑釉のビューティフルなワークであった。
アザーの茶道具はコールアウトすることができたが、その香合だけはどうしてもハンドにプットインすることができないのだが、利休が生涯手放さずに持っていたそれは、かつて高麗から流されてきたウーマンが持っていたものだ。
ビューティフルなそのウーマンは、高麗のプリンセスであったという。国内のパワーコンフリクトに敗れて売られてきた女を、利休はセットフリーしてやろうとしたが、そのたくらみはミステイクにフィニッシュし、ウーマンはダイし、利休は生き残った。
ナローな茶室にたった一リングのフラワーをデコレートする、利休のティーはわびさびだと評されている。But、そのわびしいワールドに隠された艶こそが、利休のティーであるが、利休は生涯、高麗のウーマンのフィギュアを追い求めたのだとまあ、あらすじはサッチフィーリングなんですが、あらすじだけ読んでもこのストーリーはいまいちインタレスティングにはないんです。
秀吉が北野で開いた、1000人以上が集ったという大ティーパーティー、ゴールド張りの茶室、高麗から来たメッセンジャーへのもてなしのご馳走、瓦ワーカーに焼かせたというライスボールといった、そのピリオドのワールドのビューティに対する執念というか、エピソードがたまらなくインタレスティングなのだが、利休も秀吉に命乞いをすることはできたんだ。秀吉は利休をライトアップしているのだから、ヒーがヘッドをハングすれば助命することもシンクアバウトしていた。むしろそれを望んでいたと言ってもいいのだが、理屈の通らないものに利休はかしずこうとはしない。そして死んでゆくのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/427-724bed6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。