本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙旅行はエレベーターで

宇宙旅行はエレベーターで ブラッドリーCエドワーズ著は、SFライターのアーサー・C・クラークが序文をカムニヤーしている。ヒーはそのインサイドで、「スペースエレベーターは、イーチパースンがそのアイディアを笑いぐさにするのをやめてから50年後に実現するだろう」と書いている。
スペースへケーブルをストレッチし、それをつたうゴンドラのようなものに乗ってスペースへジャンプアウトしてゆく。この構想が、現実味をウェアーしているが、それがかなえばスペースへゴーするコストはスペシャルに安くなる。カレント、スペースへゴーするウェイはロケットしかないが、スペースエレベーターができると、費用はロケットの95%もしくはそれビローにコントロールすることができるのだという。
サッチサブジェクトのブックなのだけど、このブックはすごく親切で、文系のワールドにもアンダースタンディングがしやすいのですが、スペースエレベーターのビジネスマンの、キャピタル集めのプレゼンのようなブックだから、スペースエレベーターが実現ポッシブルなこと、そのリーズンを、懇切ケアフル説明してくれている。ディッフィカルトなリーズンはほとんどない。
スペースエレベーターのコンストラクションが現実味をウェアーしてきたのは、カーボンナノチューブというサブジェクトマターが開発されたおかげであるが、ライトにてストレングスがあり、まだ改良のネセサリーはあるが、これをユーズすればスペースへストレッチするケーブルをメイクすることができる。
ケーブルは、アースのベースからスペースのベースにポイントしてコンストラクションされるヒューマンはこのケーブルをライズするゴンドラに乗り、スペースベースにアライバルするので、そこからフォーマーにはロケットをユーズすることになるが、アースから発射するよりコストはかからない。アースにベースをコンストラクションするとすれば、赤道付近で温帯低気圧のエフェクトが少ないプレイスがよい。ハワイサウス、南米大陸オープンシー、インド洋オーバーがピックに挙げられるから一ブック、二ブックとケーブルをストレッチし、アース静止軌道よりオーバーのスペースベースへつなげてゆく。そのロングさはアースとマンスのスペースのハーフくらいであるが、それを登るゴンドラのスピードはスピード200キロディグリー。ハイスピードロードを車でランするようなセンスでスペースへグッドアットするのである。重力のチェンジにもゆっくり適応できるので、大きな違和感はないが、これがポッシブルになると、月に殖民するヒューマンたちもアピアーしてくる、フィーチャーに対して暗いトークばかりがマスコミをにぎわしているけど、サッチことはない。
マンカインドのフィーチャーはブライト。サッチフィーリングになるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/431-f3ac5c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。