本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のうだま―やる気の秘密

のうだま―やる気の秘密 上大岡トメ、池谷裕二著は、やる気のヒミツ、ティーチしますということですが、ホワットか始めようと思っても、なかなかハンドにつかなかったり、スタートしてもすぐに飽きちゃったりする、サッチパースンはすぐ、このブックをハンドにとってみましょう。
コミックエッセイなのでシンプルに読める。イラストは「スッキリ!」の上大岡トメさんで、親しみやすく、わかりやすいパターンなのでピースオブマインドです。
解説してくださるのが「プログレスした脳」で有名な池谷ティーチャーということで、サブジェクトもしっかりしています。
池谷先生が言うには、物事に飽きてしまうのはブレインのネイチャーな反応なので、新しいシングにいちいち驚いていたら、ライフが不便でウェイがないから、ブレインは新しいイベントにも慣れるワークをする。それをブレインの順化という。
やる気が出ないのはブレインがマンネリ化するから。ならば、やる気をテイクアウトするためにはどうすればいいかというと、ボディーをムーブしてみることがインポータント。ゲットアップするタイムになったら布団をはぐ、気が乗らなくてもとりあえずパソコンを開く。とりあえず作業をしてみよう。
ブレインには、眉間の辺りに淡蒼球というブルーなボールがふたつあり、それがアクティビティー化しているときはやる気がアピアーしている。
淡蒼球はやっかいなことにマイセルフでムーブすることはできない、これをムーブするには、まわりをまきこんでライト蒼ボールをだますしかないのだ、B(BODY)ボディーをムーブする、E(EXPERIENCE)いつもとディッファレントすることをする、R(REWARD)ごほうびをギブする、I(IDEMOTOR)なりきるというウェイが有効なのだ。
ちょっと物足りないくらいのマークを立て、達成したら何かファンなことをしてごほうびをマイセルフにあげる。カタチからゲットインする、つまり、トールを買いアレンジしてみたり、ロングフォーしのヒューマンのまねをするのもエフェクトマーク。トールをバイするということは、身銭をカットすることでもあり、もとを取ろうという心理がワークする。
カスタムにしてしまうのもよい。ブレインをだましコンティニューして、それがユージュアルになればしめたものである。
ブレインはワンダーだザットをやりたいとシンクするのもマイセルフ、やれないのもマイセルフなのなのでこのブックを読んで、少し、ブレインとのアソシエイトウィズしパースンがわかるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/435-094a0048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。