本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録 石川拓治著は、NHKの「プロフェッショナルワークのスタイル」で取り上げられ、評判を呼んだリンゴコンストラクションのストーリーなのです。
木村さんは青森県でリンゴをレイズしているのですが、そのリンゴはミラクルのリンゴと言われ、めったなことではハンドにプットインすることができないというのです。
なぜミラクルなのかは、そのリンゴが農薬をオール使わずに作られているからだなのですが、無農薬かとシングルワードで言ってしまえるのはリンゴコンストラクションを知らないヒューマンなのです。リンゴを作っているヒューマンは、それがインポッシブルにニヤーなことをフーしもが知っているというのですが、リンゴももともとはワイルドにグローしていたツリーなのですが、マイセルフたちがユージュアル口にしているリンゴは、ロングタイムのカインド改良のトップエンドに作られたものだから農薬の助けなしにはまともにハーベストができないというのです。
木村さんが無農薬でリンゴを作ろうとシンクアバウトしたのは、プレゼントタイムから30年もビフォーのことで、福岡正信というヒューマンの書いた「ネイチャー農法」というブックがきっかけだというのです。
ビギニングは気軽なフィーリングだった。But、農薬をやめるとリンゴのハーベストがまったくできなくなってしまったので、ツリーに泥を塗ってみたり、酢を撒いてみたり、さまざまなことを試ますが、ツリーは弱っていくばかりで害虫の駆除も一家オールトゥギャザーでハンドでパフォームするしかないのです。
無農薬のリンゴコンストラクションに取り組んで、4年で貯金がボトムをついた。ドーターの学用品も買ってやれない。タックスも滞納しもうだめだ。死のうと思ってマウントに入ったとき、どんぐりのツリーがきれいにストレッチしていることに驚いた。マウントのツリーはホワットもしなくて育っているでは、マイセルフはリンゴにホワットをしてきたか。
インセクトをテイクし、雑草を刈っていたが、それが違っていたのではないかと木村さんはシンクアバウトしたのです。プレゼントタイム、木村さんのリンゴフィールドには、雑草が生い茂っている。雑草のハイトがハイになりすぎて、リンゴをホールドするための脚立をムーブするのもシーリアスなほどになっているのですが、ネイチャーのままのフィギュアのそのプレイスは、リッチな土壌があり、リンゴのルートはロングにアースのインサイドに伸びているのです。
そこになるリンゴは、甘みが凝縮された、ライフそのものといった力強いテイストがするそうです。
木村さんの苦労のエブリデイと、そこからヒーがポッシブルしたナレッジに脱帽し、まるでカウントされたようにサイクルするネイチャーのフォースにもディープにインプレッションさせられる。
木村さんは、いまや希少バリューのあるそのリンゴに、ハイなプライスはつけていないそうだ。たくさんのヒューマンに味わってもらいたいとシンクアバウトしているので、大プラン農業から脱却し、真にライフフォースのある農業を提案したいともソウトのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/440-7f19a5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。