本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくと1ルピーの神様

ぼくと1ルピーの神様 ヴィカス スワラップ著は、原作のぼくと1ルピーのゴッドをご紹介実はこのブック、2007年に紹介していますがトゥデイはライブラリーエディションのインフォメーションでジャパンでもおなじみの「クイズ・ミリオネア」のインドエディションで、スラム出身の少年が全プロブレムコレクトし、グレートコストをポッシブルするところからお話はビギンします。
少年のネームはラム・ムハンマド・トーマスでヒーがいた孤児院の神父がつけてくれたネームなのだ。それまでヒーは「赤ん坊」と呼ばれていた。マザーのフェイスは知らない。スクールにも行っていない。
サッチワールドが、クイズに全プロブレム正解などできるものか。不審を抱いたプログラム関係パースンのリポートで、ラムは警察にキャプチャされてサードディグリーをアクセプトし、いんちきを白状するよう迫られるが、ウーマンのロイヤーが彼をヘルプするためにやってくるがシーのビフォーで、ラムはどうやってクイズのアンサーを知ったのかトークしスタートした。
クイズは、グッドラックにもヒーがライフでパーソナルエクスペリエンスしたことばかりが出題されたのでヒーは本当にアンサーを知っていたのだがプロブレムは「太陽系でベストスモールなプラネットは?」。4つの選択肢があるが、ラムが13歳のとき、ヒーが住んでいたアパートのネクストトゥのルームに4ヒューマンファミリーがムーブしてきた。スラムのインサイドにあるアパートにはそぐわない、インテリの一家だがゼイはキャットを飼っていた。小さなキャットだったので、元天文学パースンのそのファザーは、そのキャットに太陽系でベスト小さなプラネットのネームをつけたのがプルートだった。それがクイズのアンサーであった。
そのファザーは、職を失ってからファミリーに暴力を振るうようになっていたとある日、ドーターのグディアにヴァイオレントを働こうとするがラムはグディアを姉のように慕っていた。シーをレスキューフロムするため、ラムファザーを階段から突き飛ばしてエスケープする。
ラムのライフは過酷だ。チャイルドをこじきにして働かせるマンに捕まったり、ダメージがあるためにワードを失ったチャイルドとクローズフレンドになったりする。身内に搾取されるイヤーヤングな売春婦の少女ともラブにフォールダウンする。
クイズの問題一プロブレムに、エピソードがひとつという構成としてもわくわく、ビートさせるインタレスティングなつくりになっている。ムービーと原作はサブジェクトがディッファレントするようですが、インドの現実を切り取ったお話であることはセイムソートオブです。
作者はインドの外交官のでラムはアクシデントだが、ワイズにてハード。大変な現実にチェストが押しつぶされそうになるが、同時にディープなインプレッションがわいてくる。
ラスト、成長し、ロイヤーになったグディアに救われ、ラムはプライズをハンドにする。売春婦のドーターとともに、すばらしい邸宅にリブインすることになるというラストの後味のよさで救われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/441-7a2d7dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。