本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポトスライムの舟

ポトスライムの舟  津村記久子著は、第140回芥川賞受賞作品なのです。ナガセは29歳のウーマンシングルで、あるファクトリーで契約社員として働いていて、手取り13万8千円。
ユニヴァーシティー卒業した後、正社員として働いたこともあるが、上司のモラルハラスメントがひどくて退社しプレゼントタイムのワークは薄給だが、ワールド関係がよいのでそれなりに続いている。
ナガセはある日、ファクトリーのブレイクルームのウォールにワールドワンスアラウンドトラベルのポスターが貼られていることにノーティスする。それにかかるコストは163万円でシーの年収とセイム金額だ。
それまで、ナガセはアームに刺青をプットインする算段をしていたのだが、ふと、年収をオール貯金して、トラベルコストを貯めようとシンクアバウトする。
ナガセのワークはファクトリーだけではない。フレンドのヨシカが開いたカフェでアルバイトをしたり、週末にはオールドピープルコンパニオンのパソコンクラスルームで講師をしたりしている。
ヨシカはユニヴァーシティーからのアソシエイションで、アザーにそよ乃、りつ子というフレンドと連絡を取っている。そよ乃、りつ子の二ヒューマンはマリードパースンだ。
そよ乃はデューティーの両親のサポートをアクセプトして、インイットセルフにハピネスのようだが、りつ子はプロブレムをハブしていた。ハズバンドがハウスにマネーをいれようとしないのだ。
ダイアウトしかねたりつ子は、ナガセのハウスにチャイルドをつれてエスケープしてくる。りつ子とそのドーター、ナガセとナガセのマザーは、ウーマン四人でライフをコンティニューする。ナガセはポトスをレイズするのが好きだ。ウォーターにつけておけば、どんどん成長するポトスをウォッチするのはファン。また、節約をアッドしているナガセは、ポトスをイートすることができるのではないかとドリームする。
りつ子は再就職が決まり、ハウスをアピアーして行った。ナガセはひどいコウルドをひいてしまう。ワークをアブセントするナガセ。りつ子にマネーも貸してしまったし、これでトラベルコストはだめになったかとあきらめたところ、ファクトリーからボーナスが出、目的の163万マネーをセーブすることができた。
一度挫折を味わったウーマンが、つつましくもぼんやりと前向きにリブする姿勢を描いたストーリーです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/446-658c438f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。