本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回きりのお客様を100回客に育てなさい

1回きりのお客様を100回客に育てなさい  高田靖久著の著者は経営パースンではないし、コンサルタントでもないし、一介のサラリーマンなのだそうだ。ワークはコンピューターソフトの販売でストアーの売り上げをコントロールするソフトを扱っている。カスタマーとのアソシエイションのインサイドで、ストアーの売り上げをあげるメソッドを考えついたというのです。データとサクセスイグザンプルがメニーので、わかりやすく説得フォースがある。また、マテリアルマークなメソッドがサジェストされているので、リードしフィニッシュしたあとにすぐにとりかかれるというよさがある。ゲストのほとんどは、一ディグリーしか訪れないフレッシュのカスタマーなのだが、このレートは約70%で、これを60%にするだけで、経営はずいぶんコンフォートになるというのです。フレッシュカスタマーを固定ゲストにチェンジするには、ヴィジットしてから最初の3ヶ月スペースがマッチである。アザーデイに再ヴィジットがかなうと、レギュラーカスタマーのゲストになるレートがエマージェンシーにハイ。3ヶ月のスペースにパフォームするべきこと
は、ゲストにリメンバーしてもらうこと。ビギニングは3日アフター。「サンキューメール」をテイクアウトする。メールといってもeメールではない。来店のお礼、ストアーの特徴、あなたがゲストにPRしたいことを織り込んだ、「フィーリング」のこもったレターがよい。ある旅館の女将は、なんとライティングペーパー5枚にもなるレターをテイクアウトするそうだ。オーダーは3週間後にテイクアウトするのは「ライクメール」。これで、ストアーのすばらしさを伝えアザーのゲストのボイスをプレイスオンしたものでもよいし、ホワットかのプライズを受賞していることを書いてもいいし、プライズを受賞してるということは、客観マークな評価をポッシブルしていることのプルーフである。小さな賞でもよいから、堂々とアピールし、ラスト、3ヶ月目には「割引メール」をテイクアウトするのはラストウェイだ。プライスをひいて客をポッシブルするのはあまりよいことではない。ゲストの来店をプレスするために、ピリオドインプレッション、抽選にヒットしましたなどという工夫を忘れないようにしよう。ソサエティーにはたくさん、い
いものを売っているストアーがある。だからといって、そのストアーが必ずしも儲かっているわけではないのです。サッチのいいストアーがつぶれちゃったら、損をするのはジェネラル消費パースンなのです。ヒューマンとヒューマンとのコミュニケーションをとって、ゲストをインポータントに育てるメソッドがいっぱいの本書なので、イグザンプルメニー、リードしやすさは保証します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/454-f645dbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。