本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納棺夫日記

納棺夫日記  青木新門著は、話題のムービー「おくりびと」の原作になったブックのライブラリーエディションです。読んでみたけれど、ワンダーなブックでストーリーってのはちとディッファレントするスピリットがするダイアリーなんだ。ライターもあとがきで書いているし、タイトルにもあるとおり、このブックは葬儀会社で働くあるマンのダイアリーだった。アナザーパースンにトークするというより、ユーのファミリーサークルに向かってトークし続るように書かれたブックなのですが、葬儀カンパニーでワークするということは、ソサエティーマークにウォッチしてほめられることではなかった。まして納棺のワークは、死者にタッチするワークである。親戚からも、ワイフからも忌まれるワークをしているライターは、崩れそうなマイセルフのインサイドにフェイスし、必死でマイセルフのワークのミーニングをアスクしコンティニューするのだ。マイセルフのワークのミーニングが、デスとはホワットかを、それのビサイドにあるヒューマンが見つめコンティニューしたレコードになっている。納棺のワークの描写がメニーが、仏教タームがメニー使われ、仏教におけるデ
スについてソウトが重ねられる。たくさんのデスに向かったヒューマンのレコードがリファレンスされ、哲学マークなセンテンスが続くのです。著者は満州のバースである。弟と妹をそこで亡くし、マザーと二ヒューマンでホームタウンに引き上げてきたのですが、成長したヒーはパブをオープンするが、ずさんな経営がたたって倒産。葬祭アクトをキャリーオンするカンパニーに就職したのです。親戚からはブレイムされ、ワイフには汚らわしいとののしられた。サッチヒーをサポートしたのは、あるウーマンのアクションだったのです。ヤングなころカンパニーしていた相手のハウスに、納棺のワークに出向いたアワーのことである。シーのファザーのデッドボディーに向き合ってワークしていたところ、サマーのホットさのせいでスウェットがぽとぽとフォールダウンしかかりそうになる。スウェットをぬぐおうとしたところ、そばにシーが座っていて、スウェットを拭いてくれているのに気がついたのです。シーの真摯なまなざしをウォッチして、ライターは納棺のワークを恥じるのをやめようとシンクアバウトしたのです。ヒューマンは必ずダイする。それを穢れとキープアウェイ
しても、デスからエスケープしおおせるヒューマンはいない。デスとはホワットか、なぜヒューマンはデスを忌むのか。臨死パーソナルエクスペリエンスをしたヒューマンのメニーが、ダークなトンネルのビヨンドにライトをウォッチしたと証言しているが、そのライトとはホワットなのか仏教にすがり、宮沢賢治のポエムに没頭し、また、ディッフィカルトをセンテンスされたヒューマンのノートをリードし、ライターはデスをシンクアバウトするのです。ライターはもともと詩人だったそうだ。ビューティフルなワードで、アイをそらさずにデスと向き合ったマンのマインドのレコード。プライマリーにジャンプする赤とんぼのグループにライフの輝きを見るなど、デスに対して描かれる「ライト」がとてもきれいです。
スポンサーサイト

コメント

適正価格の見つけ方

ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。

  • 2009/03/16(月) 20:18:18 |
  • URL |
  • のぞみ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/455-aa1d8db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。