本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話  西原理恵子著は、アゴーにもいくつか読んだことがある、理論カンパニーの「よりみちパン!セ」シリーズの一冊で、中学生ノットレスザンのエイジのパースンにポイントして書かれたもので、キャラクターもビッグにリードしやすいのが特徴なのです。このブックでは、コミックハウスの西原理恵子さんがマネーと人生について語っているのです。西原さんは高知県のバース。ビギニングに住んだのはシーのニヤーの漁師タウンだった。そこには、お金がなくてもウォントしないライフがあったのです。But、マザーが再婚してタウンでリブするようになると、ライフはコンプリートチェンジするのです。ファザーがギャンブルがラブだったせいもあり、一家にはまるでマネーがなかったのです。マネーがないとささいなことで両親がラフする。チャイルド達は両親の顔色を見ながら、ピースオブマインドできないエブリデイをセンドするのです。貧困はロンリィさと暴力、絶望をギブバースすると、西原さんはトークする。フィーチャーに希望が持てないから、チャイルド達は自暴自棄になるのです。サッチインサイド、西原さんにラ
イフをビッグにチェンジするチャンスがヴィジットしたのです。高校のとき、飲酒が教師にばれたシー。エッセンシャリーなら謹慎処分でフィニッシュするはずだったのに、退学させられてしまうのです。「アピアランスがディッフィカルトから、ユニヴァーシティーにゴーしなさい」とマザーに言われ、イラストレーターになるドリームをかなえるために東京へアピアーするのです。東京へアピアーしてみると、マイセルフにアビリティーがないことがボディーにしみてわかったのです。同級生にはアビリティーにリッチインしているチャイルドがたくさんいるのです。西原さんは思った。アートハウスになりたいのではない。ピクチャーでイートしていけるようになりたい。プライドなんかでフードは食えないのです。たくさんのカンパニーにビジネスをし、なんとかイラストでイートしていけるようになったのです。ファザーのエフェクトなのか、ギャンブルにはまりこんでしまう。ギャンブルは病気だ。ヒューマンをヒューマンでなくしてしまうのです。マネーは、アフターオールはワールド関係であり、ワールドそのものなのだ。こつこつとセーブするセンスを持っていないと、ど
こかでステップをすくわれる。借金をして、フレンドをなくすことだってあるのです。西原さんは、そのヘルのようなライフからスリップアウトした。戦場カメラマンの男性と結婚をしたからなのです。ヒーはワールドをショーしてくれた。そのヒーは、アルコール中毒のファザーがいるホームにボーンしたヒューマンだった。西原さんがギャンブルにおぼれたように、ヒーもアルコールに依存していくのですが、ヒーはなんとか立ち直り、それからロングには生きなかったが、ダイするまでのスペースをファミリーとハピネスにパスしたのです。マネーはライフ。ライフをマイセルフでクリアーするために、マイセルフとファミリーをプロテクトするために、ヒューマンは働いてマネーを稼がなくてはいけないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/460-7db61d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。