本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つみきのいえ

つみきのいえ  平田研也 (著)・加藤久仁生 (イラスト) 著は、アカデミープライズショートアニメーション部門を受賞したムービーをピクチャーブックにしたもので、ふんわりとした、やさしいタッチのピクチャーが魅力マークなブックです。ひとりのおじいさんが、シーのオーバーにある変わったハウスに住んでいました。どうしてサッチハウスに住んでいるかというと、このタウンではシーのウォーターがどんどんあがってくるからです。ビギニングに住んでいたハウスはシーに沈んでしまった。イーチパースンはウェイなく、家の上にハウスをビルドしましたが、シーはエンターしコンティニューし、家の上にハウス、またそのオーバーにハウスと、まるで積み木のように積み重ねたハウスで、イーチパースンはリブしていたのです。タウンをスローアウェイしてアザーへムーブするヒューマンもたくさんいまいした。But、おじいさんはこのハウスを捨てようとはしません。あるデイオブマンスおじいさんはノーティスしました。またシーが上がってきているが、おじいさんは新しいハウスをオーバーにメイクするためにカーペンタートールをテイ
クアウトしましたが、ラックディッフィカルトにその大工トールをシーに落っことしてしまいます。潜水クローズズをウェアーして、おじいさんはカーペンタートールをテイクするためにシーにドライブしました。おじいさんがシーにドライブするたび、アイにカムアウトするのはフォーマー住んでいたハウスで、おばあさんを見取ったハウス、孫やチャイルド達とカーニバルを楽しんだ家、ドーターをお嫁にテイクアウトしたハウス、まだスモールだったチャイルド達とキャットを飼っていたハウス、おじいさんがおばあさんと結婚したばかりのハウス。カーペンタートールはシーのボトムまでフォールダウンしていました。そこには小さなハウスがまだランドがあったタイム、おじいさんとおばあさんはそこでボーンし、成長して結婚しました。ビギニングにビルドした小さなハウスが、シーのボトムにはあったのです。おじいさんはカーペンタートールをテイクし、オーバーのハウスにターンバックします。またハウスをビルドし、そこでいつもの暮らしがビギンします。ある日、ウォールの割れ目にたんぽぽが咲いているのをウォッチして、おじいさんはうれしそうにラフしました。
このストーリーはライフを描いたものなんだそうだ。シンプルなのに、なぜか切なくなってしまう。おじいさんが、近所のヒューマンとシップのオーバーでチェスをしたり、おばあさんのエプロンをウェアーしてクッキングをしていたり、つつましくもファンそうなライフをしているのがまたじんわりとくるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/461-ee790476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。