本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸を選択したアメリカ~「オバマ大統領」で世界はどうなる

『不幸を選択したアメリカ~「オバマ大統領」で世界はどうなる』 日高義樹著は、オバマプレジデントの就任スタイルの様子をテレビでウォッチしたけれど、たくさんのヒューマンがおしかけて、しかもエブリバディがハピネスそうに興奮しているのがインプレッションマークだったのです。ジャパンでもグッドウィル的なインフォメーションがされているカレントですが、アンチオバマの一冊なのです。このブックによると、オバマファミリーネームがプレジデントになることができたのは、アメリカナショナルの意識にチェンジがアピアーしたからだという。アゴーのアメリカには、ソ連というパワフルなエネミーがいたのだが、カレントのアメリカには軍事マークに脅威となるカントリーはないというのです。イーチパースンは軍事よりもピース、コンテストして出世することよりもマイセルフらしい暮らしをインポータントにしたいと考えスタートした。サッチインサイド、マケインピックがコールアポンする「ハードなアメリカ」は受け入れられなかったのです。イーチパースンはブッシュプレジデントがサブプライムローンプロブレムを放置していたのが許せなかった。金融ポ
リシーのミステイクが、テリブルなものだとシンクアバウトしたのだ。ブッシュ氏のイメージをテイクオーバーするマケインピックではなく、ブッシュファミリーネームのウェイをコメントするオバマファミリーネームにサポートが集まったというのです。マスコミは、オバマファミリーネームをサポートしたのはマイノリティーとヤングマンだとインフォームしたが、それはディッファレントする。彼をサポートしたのはメンテナンススクールのイーチパースンだ。メンテナンススクールのイーチパースンは、ブッシュファミリーネームを見限ったのだ。ヤングなオバマファミリーネームにはエクスペリエンスが少ない。これからのアメリカをまとめるにはアングザイエティーがリメインする。ヒーはプレゼントタイム、パブリックビジネスを行うことでアメリカのビジネスを立て直そうとしている。かつてルーズベルト大統領が行ったことだが、ルーズベルトはパブリックビジネスでコンディションをリカバリーさせたのではない。現実マークには、コンディションのリカバリーはウォー特需によるところがビッグだった。パブリックビジネスだけでアメリカは不況をエスケープフロムす
ることができるだろうか。オバマファミリーネームのプロブレムは、軍事フェイスと外交フェイスにブライトにないこともある。アメリカが大国たるゆえんは、そのパワフルな軍事フォースにあるのだ。オバマファミリーネームはファーイーストにもアンダースタンディングが不十分で、アジアから米ウォーを撤退させるディレクションで動いている。ブッシュプレジデントは、中国や北朝鮮には軍事フォースを盾にしてハードな圧力をかけていた。But、オバマファミリーネームはそのようなシンキングは持っていない。ディスカッションで解決をしようとシンクアバウトしている。アメリカと中国は、ビジネスマークにはディープなエンディングラックを持っていた。But、不景気のインサイド、互いに自国にベターなビジネス政策をとったケース、どのようなコンフリクトがハプンするだろうか。中国は太平洋への野望を崩さず、台湾をハンドに入れようとしているが、そうなったときのファーイーストのセーフティーはどう担保されるのか。このブックを読んで驚いたのは、ライターがブッシュ氏のことを意外とハイに評価していることだ。特にイラクプロブレムに関して
、サクセスだとディスカスしているのがインプレッションマーク。一方で、オバマファミリーネームに対してドライテイストすぎるスピリットもする。ライターのクレイムでは、アメリカがミーティングしている金融クライシスは実はたいしたプロブレムではないということになっているけど、本当にそうなのかな。オバマプレイズムードがあふれるインサイド、こういうブックを読んでみるのもこれまた一興というもの。指摘されているプロブレムスポットは、あながち的外れでもなさそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/463-0c02f0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。