本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといい話

「ちょっといい話」佐藤光浩著は、ワールド各国の「ちょっといい話」を100トークコレクトしたブックなのです。ムービーやテレビで取り上げられた有名なお話がメニー。それが少しバッドラックだけど、それでもやっぱり、リードしフィニッシュするとなんとなくファンなフィーリングになるブックです。
プロゴルファーのロベルトは、あるデイオブマンスチャイルドが病気だというウーマンに話しかけられた。ヒーはチェックに優勝してポッシブルしたプライズのピクチャーをライトし、シーのハンドにパスオーバーしたのです。
フォローイングウィーク、ヒーはそのウーマンがうそをついていたことを知らされる。するとロベルトは笑って「よかった。それはよいノーティスだ」と言ったのです。
イラン・イラクウォーのとき、現地にいた日本人をレスキューしてくれたのはトルコの航空カンパニーだった。約100年ビフォー、トルコの巡洋艦がジャパンの和歌山オープンシーで難破したことがある。和歌山のヒューマンたちは、クルーメンバーを命がけでレスキューした。そのときの「恩返し」を、トルコのヒューマンたちは行ってくれたのだ。
台湾にマリードカップルと4人のチャイルドがいた。マザーが病気でブレイクダウンし、病院に入院してしまった。家計はディッフィカルトになり、チャイルド達は満足にイートすることもできない。気の毒に思ったナースティーチャーが、一杯だけあったワンタンメンをチャイルドたちにテイクアウトしてあげたところ、フーもワンタンにハンドをつけなかったのです。「ワンタンはマザーにあげるの」。このトークがニュースになり、台湾ホールネイションからはたくさんの寄付が寄せられたのです。
福島県矢祭タウンには「もったいないライブラリー」があるのです。矢祭町にはメインビルディングさえなかった。だからタウンがライブラリーを作ろうとしたけれど、予算が足りず、ブックを買えなかった。ずうずうしいと思ったけれど、ブックの寄付を呼びかけてみると、ホールカントリーから着払いでブックが届けられた。そのほとんどに、ヘルプのメッセージが添えられていたそうです。
ニューヨークのヒストリーにリメインする名市長、ラガーディア氏のエピソードです。ヒーはプアーさのあまり盗みを行ったヒューマンをジャッジするにあたり、サッチセンテンスをテイクダウンしたのです。法廷にいるヒューマンたちに「ハングリーして犯罪をコミットしてしまうようなヒューマンがいるタウンにいる罰として、一人50セントのファインを科します」と言って、ハットを脱いで寄付をコレクトした。マイセルフは10ドルをテイクアウトして、犯人のファインを肩代わりしたのです。集まったマネーを持った犯人は、ハピネスそうに法廷を去った。
バンドに書いてある。「ソサエティー、いやな出来事ばかりじゃない!」。そのストリート。きっとトゥデイもどこかでサッチラブリーなイベントがゲットアップしてるにディッファレンスないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/464-cab784c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。