本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨象を捕まえろ!―ターゲットは「大企業」

『巨象を捕まえろ!―ターゲットは「大企業」』スティーヴ・カプラン著は、ビジネスの存続のさせパースンにはろいろある。メニーのお客さんコンパニオンにローインタレストでトレードをするメソッドもあれば、ごく少数のお客さんから大きなインタレストをあげる手法もあるのです。このブックでは、大手企業にイートイントゥし、そこから安定した収益をポッシブルするためのメソッドがフルに書かれているのです。ビジネスをしたことがあるヒューマンなら、絶対に「ああ、わかる」とアンダースタンディングできるブック。根回しのウェイ、ライバルカンパニーの出し抜きパースン、そして自社が消耗しないウェイが書かれており、リファレンスになる。フロントキャッスルゲート企業をエレファントにコンペアーしたのは、ゼイがたくさんのえさをネセサリーとし、アクションがスローで、しかし威厳があり凶暴な一フェイスも持っているからなのです。But、一度キャッチしてしまえばカンパニーのフィーチャーはブライトなものとなるのです。ビギニングにあなたがすることは、ビジネスしたいコンパニオンのリストをメイクすることです。それができたらテレ
フォンをかけよう。コンパニオンがアピアーするまでかけるのだが、そのチャンスにワードは残さないこと。伝言が残っていると、しつこいインプレッションをギブしてしまう。グリーティングの面談ができたら、なるべく短い時間でクローズすること。アフターザット、資料を送付することを忘れないように。ゼイは一度のミスもパーミットしてはくれない。かかってきたテレフォンには、なるべくアーリーに対応しよう。そのために、会社インサイドでトレーニングをしてパーパスを統一しておくことがインポータントだというのです。社内での犠牲は厭わず、多少のディマンドなら柔軟に対応しよう。それがフィーチャーへの発展につながることがあるのです。ビジネスのビギニングが見えてきたら、あせらず、長期マークなビューを持って臨もう。下手な脅しや、暴利をむさぼるような見積もりをテイクアウトするべきではない。コンパニオンだってワールドである。ゼイに対し、助けになるような根回しをしよう。大企業は官僚マークなコンストラクションであるとフォーマーほどステートしたが、それにうんざりしているのはあなただけではない。ビジネスフォーマーの社員だっ
てそう思っているケースがあるのです。そのケース、コンパニオンがユーズしやすい資料をそろえ、コンパニオンの書式にのっとった書類をプレゼントしてあげると喜ばれるのです。コンパニオンのインサイドにディープにイートイントゥし、ワールド関係をビルドし、対等なパートナーシップを結ぶ。それが巨象から大きなインタレストを継続マークにポッシブルするメソッドである。イグザンプルウェルスでリードしやすい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/467-05927b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。