本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もういやだ!この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家50人

「もういやだ!この疲れた心を休め、甦らせてくれる心の専門家50人」のブックは、カレントアクティビティーインサイドの「マインドの専門ハウス」50人をフルに取材し、紹介したものだ。連絡フォーマー、ビジネスタイム、チャージシステムも書かれているのです。正直に言うと、「これは広告本かいな」というインプレッションがあったのだけど、読んでみるとその取材のサブジェクトと、ティーチャー方のお話がとてもおもしろかったのです。取材グループは、50人をチューズするスタンダードとしてまず、メディスンを強引に処方しないティーチャーというのをリフトしている。ルールデイトやとにかくメディスンでフィックスしてしまおうとはせず、じっくり話を聞いてくれるティーチャーなのだ。取材を進めるうち、取材グループはティーチャーパースンからある共通のワードがアピアーしてくるのに気がついたのです。ティーチャーパースンは一様に、「マイセルフがマインドのプロブレムで悩んだことがある」とおっしゃった。自分がしたホットなソウトから、アザーのヒューマンを救ってあげたいというのが、このブックに紹介されているティ
ーチャーパースンの共通の認識であるようなのだ。テレビやマガジンでも有名な米倉一哉ティーチャーは、マインドのトラブルを解決するのに催眠療法をユーズしているというのです。ティーチャーは、ペイシェントさんのトラブルを表層マークに解決することをよしとしないのです。催眠でディープレベル心理にハブしているプロブレムをあぶり出し、そのことをペイシェントさんに知ってもらう。ペイシェントをフィックスするのはメディカルドクターではない。医者はペイシェントの手助けをすることしかできないとティーチャーはシンクアバウトしているのです。原エツコティーチャーのパーソナルヒストリーは変わっている。主婦だったプライマリー先生は、ふとしたきっかけでカウンセラーのワークに応募したのです。トレーニングをアクセプトし、ワークをスタートすると、カンパニーから「占いもやってほしい」と頼まれるのです。カウンセリングがまだ珍しかったジャパンでは、占いというティケットウィンドウがあるパースンが、お客さんがギャザーしやすかったからだ。ティーチャーは持ち前の好奇マインドで占いもエクスペリエンスし(!)、ヒューマンのトークを
ヒアすることをインポータントにワークをされているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/469-3ade2913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。