本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生ベンのe起業奮闘記

「中学生ベンのe起業奮闘記」ベンカスノーカ著は、カレント20歳で、コムケートカンパニーのカンパニープレジデントをサーブしているのです。大抜擢をされたわけではないのです。コムケート社は、ヒーが中学生のときにレイズアップしたカンパニーなのです。バイタリティあふれるこの物語は、オールトゥルーストーリーなのです。起業からカンパニーをビッグにさせるまでの苦労を、実にスモールに書いてあるので勉強になります。このブックのインタレスティングなところは、ライターがビギニングから起業ハウスになることをドリームしていた少年ではないところなのですが、アメリカンドリーム!ってなフィーリングのブックではないのです。あるビジネスが少しずつ、試行錯誤をしながらビッグになり、ライターはその対応にアクティビティーする。周りのアダルトの助けを存分にボロゥしながら、チャイルドらしいルックでイベントを観察しているので、読んでいるワールドは、ライターとトゥギャザーに少しずつカンパニーがビッグになる過程でのプロブレムをノウすることができるというわけなんです。ライターがビジネスのアイディアを思いついたのは
、スクールのレッスンでコンピューターにタッチしたときだったのです。ホームページに関するアイディアを募るサブジェクトに対し、ライターは「苦情解決ドットコム」なるサイトを提案したのです。それは、シチズンがフィールしている行政に対する不満をコレクトし、各行政メカニズムに連絡して解決するティケットウィンドウになるというものなのです。ビギニングは、サイトに寄せられた不満を、ライターがマザーのフォースをボロゥしてダイレクト行政メカニズムにディスカッションし、解決するというウェイをとっていた。収入ソースとなるのはサイトに貼られた広告だけです。ジェネラルなら、この辺りで「やっぱりネットはカネにならないなあ」などといってサイトをクローズするヒューマンがメニーとシンクする。だけどライターは違ったのです。シチズンの苦情をコレクトし、選別し、追跡コントロールができるソフトをプランするのです。中学生のチャイルドが、アダルトコンパニオンにプレゼンテーションをやり、キャリアのあるアダルトを社員としてハイアーし、カンパニーはどんどんビッグになるし、ユージュアルはスチューデントなのだから、スタディーと
両立させることも大変だったのです。ワークをがんばりすぎてレコードが伸びず、スタディーダメージがあるなんてことまで言われてしまうのです。大げさな起業ハウスエンプティードリームではなく、ボディーハイトにあった体験記というのがインタレスティングです。プロブレムは翻訳でパースンの方にはシーリアスアポロジーないが、あまりにも直訳すぎてリードするのにものすごいタイムがかかり、さらにゲットタイアードしたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/470-657fd7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。