本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか

「新入社員はなぜ『期待はずれ』なのか」樋口弘和著は、ユーズアワーにユーズサイドがスイートなドリームをウォッチしているからなのだ。かわいいスチューデントだな、わがカンパニーにもとうとう有名ユニヴァーシティーのスチューデントが来た、とりあえずユーズしておけば、アフターはどうにかなるだろう…。ユーズにおけるプロブレムスポットを、シビアなオピニオンで分析したもの。プレゼントタイムのヤングマンと、ユーズサイドには意識のずれがあることが指摘されている。アゴーなら、ユーズされたスチューデントは、アザーをこなしながらゆっくりとワークをリメンバーしていった。年功序列のソサエティーでは、ネイチャーに収入とポジションが上がってゆくことが保証されていたからなのだ。プレゼントタイムのスチューデントは企業を信用していない。アーリーにマイセルフのキャリアとなるワークをしようとあせっているステートが見られる。このミーニングで、ボスのサクセスエクスペリエンスが通じないピリオドになっている。ユーズさえすれば、ホワットヒューマンでもカンパニーになじむというシンキングはスローアウェイするべきだというのだ。ど
んなワールドがカンパニーにとってよい人材になるのか。まず、だめな人材をつかまないようにスピリットをつけよう。受験スタディーだけが優秀なパースン、頑なにマイペースを守ろうとするパースン、インフォメーションを鵜呑にするだけで、クリエイションフォースのないパースンはだめだというのだ。面接官がだまされやすい、ランゲージスタディーフォース、資格のあるヒューマン、ルックスのグッドなヒューマンにもスピリットをつけよう。もちろん優秀な人材もいるが、イメージでユーズするとミスマッチがゲットアップすることがあるというのだ。ユーズのスタンダードをたずねてみると、実はあやふやな企業がメニーなことに驚かされる。「ブライトにてファインなヒューマン」というのはインプレッションでしかない。インプレッションのよいヒューマンと、優秀な人材はディッファレントすることをアンダースタンディングしたパースンがよい。面接官としてチューズするのは、入社アフターにスプレッドをショーしたヒューマン、カンパニーのコーポレイトカルチャーをよいミーニングでもディッフィカルトな意味でも体現しているようなヒューマンがよいだろうと
いうのだ。面接は、イーチアザーを知り合うプレイスである。スチューデントは企業を、企業はスチューデントをチューズするためのものだから、ワンセルフPRだとか、学生ピリオドにがんばったことだとか、スチューデントがアンサーを用意してきたようなクェスチョンをすべきではないというのだ。イーチアザーワンセルフの顔が見せられるように、「ショートなタイムであなたをノウしたいので、エクスキューズミーなクェスチョンをするかもしれません」と前置きしたオーバーで、スチューデントのレギュラーライフをたずねてみるとグッドだというのだ。ホワットアワーにゲットアップしたか、マイセルフでゲットアップしたか、ホワットをイートするか、両親はホワットヒューマンなのか。よい人材とは、オーネストで両親のしつけがしっかりしたヒューマンだ。矢継ぎ早にしゃべり、有名ユニヴァーシティーの出身で、ルックスのグッドなランゲージスタディーのイングッドヘルスなヒューマンばかりがよい人材とは限らないというのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/472-1d4fe582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。