本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千の輝く太陽

「千の輝く太陽」カーレドホッセイニ著は、アフガニスタンのバースで、現在はアメリカに住んでいてなんとデビュー作で、カイトランナーで故国に残った幼馴染の少年の過酷なライフを描いた。ワークはハイに評価され、全ワールドでサウザンド万クラブも売れたそうだ。ムービーにもなった。アメリカに亡命できたヒーのライフは、同年代のアフガニスタンヒューマンのインサイドではハピネスなものの部類にゲットインするのではないだろうか。そしてヒーもそのことをよく知っているのだとシンクするが、ヒーは故国のために小説を書いている。アフガニスタンでリブするヒューマンたちのアクシデントとサッドし、悲惨なパースト。告発のためのセンテンスではない。ホッセイニさんのストーリーは鎮魂歌なのだとマイセルフはシンクするのですが、マンデーの朝からこのストーリーにはホワットかをチェンジするフォースがあるのです。メインキャラクターはマリアムとライラという二ヒューマンのウーマン。ストーリーは15エイジになったマリアムが、ファザーをアスクするデイオブマンスからビギンするのです。マリアムはファザーをアスクしてはいけなかった。なぜ
ならシーはハラミーだからだ。ハラミーとは不義のチャイルド、ファザーを持たないチャイルドのことです。ファザーの三ヒューマンの正ウーマンにうとまれたマリアムは、強引にカブールの靴ハウス、ラシードと結婚させられた。ラシードは45歳で、ボーイのバースをウィッシュフォーするラシードだが、マリアムはチャイルドを産むことができなかった。ラシードはマリアムに暴力を振るうようになるのです。ライラはマリアムがリブインするタウンでボーンした。マリアムよりも19エイジヤング。ライラがボーンしたとき、タウンをルールしていたのは共産ルールパースンで、シーは男の子とセイムようにスクールに通っていたのですが、ライラには幼馴染のボーイがいた。タリークというその少年は、ランドマインでワンレッグをなくしていた。成長したライラとタリークは、いつしか愛し合うようになるのですが、戦乱が二ヒューマンをひきさいた。共産ルールパースンをドライブアウトしたゲリラたちが内戦をコーズしたのだ。タリークがタウンを去ったとき、ライラはヒーのチャイルドを身ごもっているのをノウするのです。親をルーズサムし、ハウスをなくした
ライラは、マリアムのハズバンドの第二ワイフになることを余儀なくされる。ライラはそのときまだ14歳で、イヤーヤングが聡明なライラによって、マリアムはボーンして初めてヒューマンのぬくもりをノウすることになる。タイトルのサンとは、ストーリーのインサイドでフレンドシップのたとえとして描かれている。アクシデントなマリアムの人生にアピアーしたライラとのフレンドシップは、サウザンドの輝きをホールドするサンだったのだ。虐げられる二ヒューマンのウーマン、リピートする内戦による破壊、暴力、狂わされるたくさんのヒューマンのライフ。これらのことが圧倒的なフォースをもって描かれているのですが、ライラのチャイルドがアメリカムービーのタイタニックの一シーンをまねするパッセージだ。ファーな中世のストーリーのようにフィールしてていたウーマン二ヒューマンのライフが、同ピリオドにあるものだとハードに実感させられる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/473-31b3634c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。