本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無趣味のすすめ

「無趣味のすすめ」村上龍著は、村上龍のエッセイでぱっとオープンするとキャラクターがビッグに上下の余白がワイドに、ちょっとびっくりする。もう少しキャラクターがスモールなパースンがリードしやすいスピリットがする。ストーリーをライトするのもムービー製作もワークだからだ。ホビーのワールドにはジョイも失望も、マイセルフのワールドをスプレッドするホワットかもない。真の達成フィーリングはリスクを負ったオーバーで、さらに絶望とクライシスをクライムオーバーしたアフターにしか得られない。つまりそれは仕事だ。ドリームとマークはディッファレントする。マークは与えられるべきではなく、設定するものでもない。マークがあるのはエアがあるのとセイム、ユージュアルのことなのだ。ドリームはぼんやりと語れるが、マークをホールドするヒューマンにはそれを語るタイムがない。マークをホールドすることは憂鬱なのだ。集中しているときというのは、実はリラックスしているときなのである。トップグレードのスポーツプレーヤーは、インポータントなシーンでは集中するが、ボディーにフォースが入ってしまうことはない。よいワークをしている
ときは、オフのインポータントカスタムなど考えない。充実しているからだ。オフがインポータントなどと言うの無能のプルーフ。司会をしているテレビプログラムのエフェクトか、ビジネスやビジネスに関するエッセイもメニーが、少々ボトムが浅いようなスピリットが、このマイセルフですらする。グローバリズムはソウトではない、現実だ、って、サッチことこちとらボディーにルックライクして実感しているので、サッチビジネス関連のエッセイのインサイドで、アマゾンのレビューで集中ファイヤーをシャワーしている。叱りパースンがわからないというボスはバカである。叱らずにティーチするべきだし、ティーチしてわからないようなら辞めてもらえばいい。部下のモチベーションの上げパースンについてもイコールトゥである。
マイセルフが携わっているムービーワークのアクチュアルスポットでは、モチベーションのショートなワールドはすぐにアザーにチェンジしてもらう。部下のトレーニングにウォリードするボスというのもミステリーだ。やるべきバリューのあるワークがあれば、ヒューマンはネイチャーに成長するものだからだ。
シュアにそうかもしれないし、Butそれは村上龍のまわりにいるサブジェクトオブスタディーカスタムのハイなスタッフならあてはまるかもしれないが、現実はねえ、シンクするフィーリングも無きにしも非ずです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/474-49a6ea26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。