本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベルを書きたい人の本

「ライトノベルを書きたい人の本」榎本秋著は、ライトノベルとはホワットなのか、どうやってそれをベアーしているのかですが、ライトノベルとは何ぞや。フロントカバーがアニメピッチのイラストってことかな。ファンタジックなストーリーがメニーなようなスピリットがする。そういった特徴ももちろんある。But、ライターが定義するライトノベルとは、読者である中高生にリードしやすく書かれたプレジャーストーリーということになるそうだ。ちなみに、これらのストーリーはいわゆるフロントカバー買いをされることがメニー。そのため、ポピュラーイラストレーターさんがついてくれると、売り上げが大幅にストレッチするというのだ。ライターサイドとしては、なるべくピクチャーになりやすいストーリーや、魅力マークなキャラクターをベアーすることがインポータントなのだ。キャラクターの重要カスタムについては、アフターにもページを割いて述べられているがなんでも、若手のライターにストーリーとキャラクター、どちらがインポータントかと聞いて回った編集パースンがこう言ったそうなのだ。キャラクターと答えたヒューマンは、プレゼントタイム
でもホールクルーストーリーを書いているのだが、ストーリーと答えたヒューマンのジェネラリィはライトすることをやめているというのだ。魅力マークなキャラクターをメイクするためのこつは、周りのヒューマンをよく観察すること。ジェネラルのワールドなんていないのである。同時に、パーフェクトなワールドもいない。多少のウィークポイントがあるほうが、リーダーはフィーリング移入がしやすいとはいえ、ストーリーだってやはりインポータントで、それなくしてはストーリーは成り立たない。ライトノベルでインポータントなのは、萌えとバーンだ。ホットブラッドシーンでバーンし、ラブなどのかわいらしいシーンで萌えられなくてはならない。マイセルフが持っている萌えとバーン。これがどのようなもので、イグザミネーションメンバーはどう評価してくれるのかを分析することがプロへのショートウェイなのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/475-aa5c091b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。