本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、うちのチャーハンはパラッとしないのか?

「なぜ、うちのチャーハンはパラッとしないのか?」白野浩子著は、ホワイトな背景に、大きなレターでこのタイトルで、なんでチャーハンがパラッとせず、おいしくないことを、このブックは知ってるのです。ニューブックで大きなキャラクターでイラストオーディエンスでシーリアス見やすいのです。そのスタイルで、ホームでできるクッキングのコツをたくさん紹介してくれている。すぐにプラクティスできるものばかりです。
・チャーハンをメイクするとき、ボウルで溶きエッグとミールをさきにミックスしておく。ミールがエッグでコーティングされて、パラッと仕上がるのです。・ソリッドなビーフには、すりおろしたキウイを塗っておく。30ミニットほどでソフトになる。ステーキをするときにおすすめです。・とろりとしたソフトなスクランブルエッグは、ベイクするのではなく、湯せんで作られているのです。・サーモンのムニエル。バターがこげてウォリードするというパースンは、オリーブオイルでサーモンをベイクし、ラストにバターをドロップすればよいのです。・タイムがかかる黒豆。オンザウェイで一度冷凍すれば、ボイルするタイムを短縮できるのです。・いかを天ぷらにするとき、クローズズがはがれて困ることはありません。フォーマーに湯通ししておくときれいにあがります。・エビフライ。まっすぐなものをメイクするには、エビの腹サイドにカットイントゥしをフィギュアパッセージプットインしておくのです。・まぐろなど、赤身のフィッシュを刺身でいただくとき、しょうゆにみりんを少しミックスするとシーリアスマークなミーニングがエイブルトゥエンジョイする
のです。・ほうれん草をゆでるとき、お湯にシュガーを少しアッドすると、アクがカムアウトしておいしくいただけるのです。・ポテトサラダをメイクするとき、味付けにミルクにコンソメをメルトしたものをプットインすると、テイストがディープになるのです。ちょっとした一タイムで、クッキングのテイストはかなりチェンジします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/478-f8090c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。