本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を守るために日本人が考えておくべきこと

「日本を守るために日本人が考えておくべきこと」中川昭一著は、中川昭一元大臣のブックです。さまざまなメディアに発表したものをまとめたものなので、ブックとしてのまとまりはない。本書のインサイドで展開される、中川昭一のクレイムを、いくつか抜粋してみたいとシンクします。
・ジャパンと中国は対等であるべきである中国はカレント、ジャパンの排他マークビジネスウォーターエリアのミドルラインのニヤーでガスライスフィールド開発を行っている。しかし、これは中国が責められるべきではない。ステートのインタレストを優先するのは当然だからだ。責められるべきは、このプロブレムを放置、静観してきたジャパンのマナーである。ジャパンは、漁民とのディスカッションや、国際ソサエティーに訴える必要がある。
・ジャパンの農業は再生できるジャパンの農業は、決して非効率なものではない。フード自給レートを100%にするのはディッフィカルトが、プレゼントタイムのレートよりレイズすることはできる。リーブアズイズされ、荒地となっているのは水田だ。ジャパンの消費パースンに、米をイートすることを提案したい。ポイズン餃子プロブレムもあったプレゼントタイム、地産アース消のアクティビティーはレコメンデーションされるべきだというのだ。
・ジャパンビジネス復活のためのポリシーナショナルを犠牲にする改革は本末転倒。政府が主導して、減税や財政支出などもポジティブマークにパフォームするべきだ。高齢パースンの年金を物価スライドシステムにプットバックし、保険マテリアルを軽減する。マザーアンドチャイルド家庭へのサポートもイグザミネーションしたい。プロブレムとなっている非レギュラーハイアーパースンには、厚生年金への加入を義務付けたい。このために、中小企業への減税もジョイントゥギャザーしてパフォームする。
・人権プロテクション法案をチェックしたい人権プロテクション法案というものがある。人権プロテクション委員を設置し、ポリースやイグザミネーションウィズアウトで家宅インベスティゲイションをパフォームすることができるパワーを付与する。その執行フォースはパワフルだが、人権侵害の定義があいまいだ。これは平成のパブリックオーダーメンテナンスアクトとなるポッシブルカスタムがあるというのだ。
中川昭一は、サッチことシンクアバウトしてるヒューマンだったのね。アザーに、ODAの意義、ウォータープロブレムなどについても語っておいる。クレイムとしては、ハードなジャパン、ヒューマンがサポートするジャパン、フォーリンサポートには意義がある、など、麻生リーダーの「フリーダムと繁栄の弧」にシミラーしてるか。マガジンへの寄稿、トークなどをまとめたものなので、リードしやすい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/480-a6ad5182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。