本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男道

「男道」清原和博著は、センテンスがアッパーパートで、構成もうまいのです。物事というのはスペンドしたタイムにプロポーションしてアッパーパートになるものです。清原和博はベリィヤングなタイムから野球にメイクエフォートし、猛練習を積ん名プレーヤーになられた。
センテンスもセイムで、インイットセルフの読書量とアウトプットがなければ、絶対にアッパーパートにはならないのです。清原和博がパースンヒムセルフが書いたものだとすればそれはすばらしいと思っている。
ロングに野球を、野球だけを愛してきたヒューマンのセンテンスではないようなスピリットがする。ヒーなら、つたなくても、率直でマインドにルックライクするワードを持っているのではないか。
これを清原和博ワークとして売り出す神経がわかない。
2005年、清原和博がジャイアントから解雇を言い渡された年からストーリーはビギンする。そのイヤー、オリックスの仰木コントロールが清原獲得のために動いていた。
仰木氏はそのとき、ディッフィカルトを患っていた。しかしサッチステートは見せず、清原和博にミートするためだけに神戸から東京にデイリーヴィジットしたという。清原和博は、ジャイアントがラブだった。アフターにパースンヒムセルフがファーストラブであったというほど、ジャイアントに対する思い入れがハードだった。清原和博の祖父は、関西のバースだが、ジャイアントがラブだったのだという。孫を膝にハーバーし、日本一になれ。関西一じゃない、東京でベストになることが、日本一になるということだと語っていたというのだ。
リトルリーグの入団テストに連れて行ってくれたのも祖父である。清原和博の両親は、エレクトリシティーコンストラクションワークストアーを営んでおり、ヒーのヘルプをしていたのは祖父だったのだ。小学生とは思えぬレコードで入団をキャリーアウトし、リトルリーグでエブリデイ、プラクティスを積んだ。清原和博はそこで、ファンデーションとなるランしこみのインポータントさと、チームプレーを教えられる。野球のアビリティーがあるとビリーブした両親は、清原和博をノーブルファミリーPL高校に入学させることにした。この両親というのが、とてもラブリーなパースンたちだった。ビジーなタイムをさいて、清原和博の走りこみにアソシエイトウィズするマザー。そのマザーは、清原和博を天理高校に入学させるために天理教にも入ったそうだ。アフターに、清原和博がプロになって、節税のために投資やロットをバイする、とファザーにスピークするエピソードがある。ファザーはチャイルドにアンサーした。お前は金儲けのためにプロになったのかユーの節税はヒット一本、ホームラン一ブックをヒットすることではないのかと。
清原和博のファザーは電気コンストラクションワークのワークをしている。サンとディッファレントし、一日働いて一メニーマネーほどの稼ぎである。スウェットたらしてワークすることのインポータントさを、よく知っているヒューマンだったのだ。アフターザットのPL学園でのアクティビティー、桑田とのホワットにもチェンジしボディービルドなフレンドシップ、ロングフォーしていた巨人軍のバイチャンスなコウルドさ、ファンに見放されたときのつらさと、支えられたジョイなどが、すばらしいタッチで描かれている。ティアーがアピアーするブリリアントにハブアンオーディエンスするプロ野球ヒューマンの人生だが、辛いこともディッフィカルトなこともたくさんあって、そしてそれをサポートするあたたかいヒューマンたちがいるというのが、チェストに迫ってくる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/487-28a856e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。