本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪いの除け方―知らずにしているこんな不作法

「呪いの除け方―知らずにしているこんな不作法」川井春水著は、呪いアフレイドなものみたさにインサイドをのぞいてほっする、かわいらしいイラストと、マイルドなサブジェクトです。
レギュラーライフのインサイドでプラクティスできる、シンプルな運気アップのメソッドをまとめたもの。ライターのパースンは、荘厳契ミステリーアクトなるトレーニングを積んだパースンだそうですが、別に教義とか、スモールディッフィカルトなことは書かれていないのです。
アマチュアがウォッチしたフィーリングでは、風水のブックにシミラーしているのですが、スピリットになる呪いのリムーブしパースン。呪いは、シングではなくヒューマンが運んでくるものだという。ヒューマンを不快にさせると、そのディッフィカルトなスピリットがマイセルフに戻ってくる。これが、「なんだかキーがディッフィカルト」コーズになる。
マイセルフをインポータントにして、ヒューマンを不快にさせない。これが呪いをリムーブするファーストステップになる。トリップするときや、プアーなヒューマンにミートするビフォーは結界を張ってみてはどうだろう。「ショ」とつぶやくマインドのインサイドでも、ハンドをぱんぱんとたたく、足踏みするなどのアクションで、そのエフェクトが得られる。
やってはいけないのは舌打ちだ。ヒューマンを不快にさせるサウンドをテイクアウトすると、周りのディッフィカルトなスピリットが集まってきてしまう。舌打ちがアピアーしそうになったら、デスクかなければ腿のあたりをライトにたたいてみよう。その衝動がおさまるはず。
スピリットというのは、ボディーのエンドから入ってくるものだ。エンドにある爪の手入れは運気をあげるよいメソッドだ。ハンドは注意してみているが、フットのことをフォゲットしがちというヒューマンは、ぜひ、メンテナンスをしましょう。
ビジネスカードをテイクアウトするとき、フルネームでコールワンセルフするカスタムをつけたい。ネームというのは、実はマイセルフをプロテクトするワードなのだ。両親がビギニングにくれたプレゼントであるネームは、最強の祈りの言葉なのである。
マネーをインポータントにハンドルするために、スピリットをつけたいのがパース。これは、ハイプライスであるネセサリーはないが、なるべく新しいものをホールドしたい。レッドは避けて、あずきカラーなどのアースのカラーがいい。マネーはアースからボーンするから。
パースに、5円玉のお守りをプットインするのもよいメソッドだ。お守りの作り方はシンプル。5円玉にレッド、ホワイト、イエローの水引を結ぶだけ。水引がない場合は、マイセルフのラッキーカラーのひもをレットパスするだけでもよい。
呪いをリムーブし、ハピネスにリブするシークレットは、自信をホールドし、先祖を大切にし、ヒューマンのシークレットをプロテクトすることだそうだ。すぐに実行できること、やってみるとファンそうなことがたくさんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/496-511253bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。