本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090522104621
「光」三浦しをん著は、ストーリーがラブ、というパースンにはぜひとも読んでもらいたい一冊です。
信之、美花、輔の3人は、二十年ビフォーに美浜アイランドを襲った大津波のイグジストパースンである。信之は結婚してホームを持っていた。ワイフのネームは南海子。美浜島を思わせるネームが気に入ったのだ。娘には、アイランドに咲いていたフラワーのネームをつけた。椿という。
公務員である信之のライフは、アウトサイドオーバーはジェントルでクワイアットなものだ。But、アイランドで付き合っていた美花を忘れられない信之は、ワイフを心から愛することができない。
信之はビューティフルな美花と、ベリィヤングなボディーをアッドする仲であった。But、津波に襲われた村で、同じく生き残った観光ゲストに強姦された美花を助けるため、そのマンをキルしたパーストを持っている。
ハズバンドのラブを確信できない南海子は、ふらりと近づいてきたマンとのシークレットのミーティングをアッドしている。ピッチブラックなアイをホールドする、安アパートでリブするマンだ。
南海子は、男とのタッチはチャンスのギフトだとビリーブしていたが、南海子に近づいてきた男にはあるパーパスがあった。信之だ。南海子の浮気のコンパニオンは、アイランドで生き残った輔だったのである。
輔はベリィヤングなタイムからファザーの虐待に怯えていた。遠縁である信之にディペンドオンし、ヒーに守られることを願っていた。But、信之は輔のことを卑屈でいやなチャイルドだとシンクアバウトしている。
信之をミスしつつも、そのアクシデントをマインドのどこかで望んでいる輔。信之のワイフをハーバーすることは、輔のその欲望をフィルすることができるのだが、信之の家庭に悲劇がヴィジットする。南海子が輔と会っているスペースに、チャイルドの椿が変質パースンに襲われてしまう。ライフはセーフティーであったが、椿はそれから、夜になると眠れないとクライするようになった。
信之は椿のフィーリングがわかる。突然襲いかかる暴力の理不尽さを、ボディーをもって知っているのだからそのタイム、輔のもとに、ヒーをいじめぬいたファザーがアピアーした。信之がかつてアイランドで行ったマーダーをマテリアルに、信之と美花からマネーをせびろうというのだ。
美花はそのビューティフルフェイスをメイクユーズオブし、アクトレスとしてアクティビティーしていた。脅迫から美花を守ろうとした信之は、輔とそのファザーを殺そうとする。信之は、美花をプロテクトするためだけに生きたいとシンクアバウトしていた。ヒーが愛していたのは美花だけなのだ。
輔がファザーをキルし、信之が輔をキルする。美花のもとをヴィジットした信之は、美花がマイセルフを愛してはいないことをノウする。輔は信之のヘルプを、生涯をかけてリクエストしていた。But、信之はそれに応えなかった。信之は美花だけをリクエストしていたが、美花も、信之にはアンサーするつもりはなかったのだ。
ラストのラストまでヘルプがない。三浦しをんさんファンなエッセイも書かれるし、サッチシリアスなトークも書かれるし、ゴーバッドすウーマンだし、このヒューマンどんだけひきだし持ってんのってフィーリングだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/497-7e370bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。