本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儲かるお店の「すごい!」見せ方

20090526131824
儲かるお店の「すごい!」見せ方」高橋芳文著は、リードしながらついついヒューマンにねえ、これウォッチしてよとトークしてしまうサッチブックです。
カンバン屋さんが書いた、スタンドアウトする、よいカンバンのテイクアウトしパースンをエクスプレインするブックなのです。イグザンプルがメニーに、またそれらがユニークなものばかりで、よくぞここまでインタレスティングなサインをコレクトしてきたものだと感心するのです。
ライターがシンクアバウトするよいカンバンとは、コンセプトがはっきりとしていて、ヒューマンのアイをプルするもの。とはいえ、ストレインジをてらえというわけではないのです。
ヒューマンがウォッチして、プレザントフィーリングをリメンバーするものがよいカンバンだと言うのです。
あるスタディー塾のデザインがインタレスティング。その塾は、鳥居がエントランスなのだ。「サクセスおめでとう」と書いたのぼりのネクストトゥ、鳥居をくぐって生徒さんたちはスタディーのルームへフェイスするのです。塾のコンセプトは、ナレッジ一辺倒のトレーニングではなく、ファンにスタディーすることをチャイルド達にティーチするというものなのです。
鳥居だけではプラクティカルジョークととるヒューマンもいる。そのために塾では、ガラス窓に塾の十か条をスティックしジョインして、そのトレーニングプランをリポートしているのです。ティーチャーのギャグには必ず笑うこと、宿題をフォゲットしてもファインにアテンドすること、ブライトにグリーティングをすること、マザーにありがとうと言うことなどです。
カンバンはおふざけではない。ブライトに、ウォッチするヒューマンに笑ってもらいながら、インポータントなことも伝えなくてはならない。この塾のカスタムは、ライターが言う、プレザントとインフォメーションをギブする看板のよいモデルであるようです。
カンバンのテイクアウトしパースンは、ストアーとのディスタンスによっても違ってくるので、ストアーからファーなプレイスにテイクアウトするケース、あまりインフォメーションをスタッフしすぎるのはよくない。キャッチコピーを工夫して、ルックでホワットのストアーかわかるようにするのだというのです。
ニヤーに来たゲストには、フォーマーほどステートしたようなアイをプルするものでアピールすることがインポータントになる。食堂のカンバンが例に上げられているが、キャラクターとレターをソリッドボディー化することで、道行くヒューマンのフットをとめるエフェクトを生んでいるのです。
フットをストップして「インタレスティングそうなストアー」と思ってもらうことが、ニヤーにカンバンを出すときにはインポータントなことになるというのです。スタンドアウトするカンバンをテイクアウトするときにはアテンションもネセサリーになる。周りのヒューマンのセイムミーニングをポッシブルすることが重要だというのです。スタディー塾のケースは、その塾が入ったマンションの住人にアンダースタンディングをリクエストする根回しをしていたそうです。キャッチコピーやポップのウェイオブメイキング、インターネットのプラクティカルユーズメソッド、カンバンをテイクアウトするプレイスについてなど、とにかくサブジェクトが充実しているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/499-43a4aa63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。