本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バカの壁をぶち壊せ!/正しい頭の使い方」

「バカの壁をぶち壊せ!/正しい頭の使い方」

 ◇日下公人・養老孟司著 
 ◇ビジネス社
 ◇1.400円(本体)

養老孟司氏の「バカの壁」はすでにベストセラー入りを果たしてい
ます。ここでいうバカというのは、“けなし言葉”ではなく、「真実を
見極める目をもたない。与えられた情報を盲信する人」の事をいうよ
うです。

この「バカの壁」を題材にした経済のプロ日下公人氏との対談がこの
本の内容になります。

一見読むとかなり過激な発言もあるのですが、実際には自分の無知な、
まさに「バカ」な部分を明確にしています。


例えば最近よく話題にされる「失業率の問題」。

日下氏曰く「5%を超えたからって、世の中急に悪くなるわけはあり
ません。(笑)お茶を飲むとき熱かったら口の中をヤケドします。飲
めるか、吐き出すかの分かれ目は明確にあるんですが、失業率にそん
なものはありません。」
(第一章経済学者を決して信じてはいけない)

確かに私達は、テレビなどで「失業率が1%増加」などの記事を見る
と「景気が悪くなった」と思ってしまいますが、実際のところ「急に
悪くなるわけではない」のは確かです。

少なくとも、今の段階で大騒ぎする必要がなくなるわけです。
これが「バカの壁」をぶち壊す事になりそうです。

「自分の理解力が不足している事を理解して、自他の理想的な関係を
築くこと」というのは簡単なようで難しいものです。往々にして自分
に不足している部分を理解している人が少ないことも一つの要因です。


例えば、ビジネスマンが気になる「お金の統計」に関してもこの著書
の中では「1割くらいは怪しい」といっています。
確かに自動車会社などでは期末に100台のノルマがあった場合、売っ
たことにして翌朝買い戻す、などということもあります。

養老氏は「だいたいの数字は、みんな一割ぐらいは誤差の範疇内なの
です。」と言い切ります。

この見極めがついているかどうかで、自分の理解力のなさを計る事が
できるかもしれません。


「第三章 脳からみた世界と日本の病状」では、日本語の成り立ちか
らさかのぼり、いわゆる「知識人」には敬遠されがちなマンガにまで
触れています。

「日本社会を今日まで発展させたのはマンガである」

この中では「日本人が黙読を得意なのも、脳を広く使っているから」
と医師らしい科学的な見地での考察もあります。

中でもマンガは絵と文字を同時に使うことで「その図形に音声をふ
ったもの」でありそれが脳の違う部分を使っているという事になる
そうです。

失語症で漢字が読めなくなった患者さんにマンガを渡すとマンガの絵
が意味をもった図形としてとらえられないために「面白くない」とい
う反応が返ってくるそうです。

確かに、同じ主人公の同じ台詞でも笑顔なのか、悲しい顔なのかによ
ってその台詞の意味は大きく違います。

日本人はマンガというツールでその力を磨いているということになり
そうです。そのマンガも収益でいえば、国際規模の産業になってきて
います。「文化・娯楽産業でいえば日本の未来は明るい」(日下氏)


なぜエコノミストや経済学者の経済予測は当たらないのか。
最近のインフレ・ターゲット論争に見られるように、型どうりの方法
で経済をコントロールできると考えてしまうのはどうしてなのか。

現実の経済は予想したとおりには展開していきません。
一企業あるいは一国だけの思惑どおりに動くことはありえないとお二
人は語っています。

経済とは儲けたいとかお金を稼ぎたいという人間の欲望や思惑で動い
ているものです。そこには理性もあるはずですが、人間の本能とか心
理が大きく関係しています。
 
不況だ、不況だと言われて久しいですが、実際は丸ビルや六本木ヒル
ズは大勢の人で賑わっています。高級ブランド品も飛ぶように売れて
います。

「企業の接待費がカットされて、会社員が飲みに行かなくなっている
から、飲み屋が不景気だというのは分かります。でも、東京のあちこ
ちには次々と高層ビルが建っています。丸ビルに行くと、どこの店も
混んでいますし、有名なレストランのランチは一年後まで予約がいっ
ぱいだそうです。日本は本当に不景気なんでしょうか」

話は経済にとどまらず、両氏の対談はマンガの次は戦争と限りなく広
がります。そして最後には身の回りの一番小さな共同体「家族」の話
となります。

養老氏は、日本経済の実体についてこう語っています。
「人間の心理にまで踏み込まないと、物事の本質が見えてこないとで
はないか。」

自分について深く考えさせられる一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/5-7df7cddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。