本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマルフィ

20090527103623
「アマルフィ」真保裕一著は、もともと、ムービーのプランがフォーマーにあって、アフターザットに書かれたストーリーなのです。ムービーとはディッファレントするシーンもたくさんあるようなので、ムービー、ストーリー、両方とも楽しめるようになってるのです。
メインキャラクターは外交官、黒田というヤングマンだ。ヒーは外務省のクラウディドアウトしパースンで、邦人ケアがマスターなワークである。フォーリンカントリーランゲージ堪能、コンストラクションにディスタンスをプットし、ライフルがプライド、プロミスのヒーローイメージなのです。
黒田はイタリアに赴任する。国際ミーティングに出席する外務大臣のディフェンスにあたるためだ。しかし、その黒田のもとに、日本人が誘拐されたというノーティスが舞い込んできたのです。
誘拐されたのは矢上まどか。9歳のガールである。But、大使館にはインベスティゲイションライトがない。なるべくスティックトゥしフィットしをホールドしたくないというマナーの大使館メンバーがメニーなインサイド、黒田はドーターをレスキューフロムするべく、マザーとともにアクティビティーすることになる。
矢上というウーマンは、フォーリンキャピタルシステム金融メカニズムにサーブしていた。そこから身代金を融通してもらい、犯人から指定のあったプレイスへマネーを運ぶ二ヒューマン。その場所はアマルフィという、イタリアのビューティフルなコウストタウンだったが、身代金の受け渡しはミステイクした。絶望とマキシマムの疲労のインサイド、二ヒューマンは、イベントのプレイスにある共通スポットがあることに気がついた。
ディフェンスカンパニーだ。イベントのあったホテルも、アマルフィまでマネーを運んだトレインも、ミネルヴァというカンパニーの防犯カメラが設置されていた。ミネルヴァでは、光永という日本人スタッフが二ヒューマンに対した。シーはひどくフィールフォーし、そっと防犯カメラに関係するスタッフの名簿をギブしてくれた。
怪しいマンが浮かび上がり、ヒーにミートしにゴーするものの、ヒーはディッファレンスの男性にネームやアドレスを貸していたのだった。それが犯人にディッファレンスない!ミネルヴァのセンターであるコンピュータールームにフェイスする二ヒューマン。そこで、パスワードが書き換えられ、防犯カメラのイメージも偽のものが差し込まれていたことがわかった。
トゥルースにたどり着いた二ヒューマンに、ミネルヴァでワークする日本人、光永が銃をポイントする。シーは、誘拐犯のタッチだったのだ。誘拐犯たちのパーパスは、身代金でも、まどかのライフでもなかった。光永をコンピュータールームにガイドし、ディフェンスを混乱させることが狙いだったのだ。
ミネルヴァのディフェンスがモーメントポーズした。誘拐犯たちはトゥルースの狙い、ロシアの外務大臣がゲットオンするバチカン行きのトレインが襲われる。犯人は、チェチェン共和国出身のマンと、ヒーをサポートするイギリスヒューマンであった。イギリスヒューマンは、ジャーナリストであるワイフをロシアで失っていた。ワイフは、チェチェンのダークを探ろうとしたのである。
その復讐のため、ヒーはマイセルフがサービスするフォーリンキャピタルシステム金融メカニズムでワークする矢上親子にアイをつけた。矢上をガイダンスし、ミネルヴァを探らせたのも彼だ。まどかは丁重に扱われており、セーフティー、マザーのファンデーションへ帰ってくる。チェチェンというテーマが、シンプル小道具くらいのサービスしかなされていないこと。チェチェンのテリブルスペクタクルを、たとえば福井晴敏ばりにフィーリングフルで描いてくれていたら、もっとデプスのあるトークになったかも。展開がアーリーに、ブレスに読める。エンターテイメントとして、エンジョイワンセルフするのにはなかなかです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/500-ff85ec98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2009/05/28(木) 03:09:36 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。