本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の道

20090528115814
「王の道」飯田絵美著のタイトルの王は野球の王監督のことで、王監督に関するさまざまなエピソードをつづりながら、ビジネスに役立つレッスンを導き出しビジネス書のくくりになるブックなのです。
ユージュアルビジネス書をリードするときのような、そこからホワットかを得られたようなプロフィットなフィーリングというより、癒されてしまいます。王監督のカインドさ、包み込むようなウォームさに、ゲットタイアードしていたマインドがふんわりと、まさに癒されてしまうのです。
王監督のファザーは中国人である。王監督の国籍は台湾。ファザーがサンにティーチしたことは、「ヒューマンにトラブルをかけるな、ヒューマンのお役に立ちなさい」ということだったというのです。
巨人軍に入団が決まったときも、ファザーは年収や今後のサービスよりも、サンが球団の役に立つことができるかどうかをアンクシャスしていたという。
サッチファザーに育てられた王監督は、ウォーリィアバウトしのヒューマンと評されているのです。王監督は、フーにでもセパレートし隔てなくタッチする。2000年のジャパンシリーズは、王ホークスと長島ジャイアンツの対決で、そのチケットは入手がエマージェンシーにディフィカルティになったというのです。
サッチ、王監督は自費でチケットを用意してコーチバトルフォーメーションに配ったそうです。「ティアーがアピアーするほどうれしかった」と関係パースンはトークする。裏方といわれるヒューマンたちにも、王監督はサンクスのフィーリングを忘れず、それを伝えようとするヒューマンなのです。
王監督のワンダフルなキャラクターが、ワールドに認められたイベントがあるのです。WBCで審判の誤審があったときのことですが、ジャパンアゲンストアメリカのマッチで、ジャパンは審判ボディーによる誤審で敗北を喫した。王監督はインタビューで、堂々とレギュラーとしたワードでシングのインポータントカスタムを訴えたのです。品格とプライドにフルしたマナーで、ミステイクはミステイクだとステートしたのです。その冷静なマナーにディープインプレッションをアクセプトしたアメリカのマスコミは、審判の判断が試合をナッシングにしたと報じたのです。
王監督は敗北をプルすることはしなかった。選手達には、「まだフィーリングを切らないように」とリポートし、鼓舞し、決勝にルックアウトオンするオーダーを整えていたのです。イチロープレーヤーが、王監督をミスし、ヒーに優勝させたかったというフィーリングがよくわかるのです。
ツアーにアピアーすると、自費でスタッフのファミリーへのプレゼントをバイするという話。やめたいというワールドを、引き止めずにそのコースをヘルプするというキャラクター。感動エピソードが一杯なんです。
コンパニオンをトラストし、サンクスをリポートし、ホワット人もインポータントにするというマネジメント手法。それがこのブックのテーマなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/501-abc3d360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。