本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大芸人

20090603131446
「京大芸人」菅広文著は、レターがビッグにてフィギュアがイージーで中高生ディレクションですが、テレビのクイズプログラムでアクティビティーするプレーヤーさん、ロザンの宇治原さんの相方が書いたブックなのです。宇治原さんは京都大ナレッジの出身で、ライターパースンヒムセルフは大阪府立大学を卒業されたのです。
このブックでは、ゼイの高校ピリオドのことからユニヴァーシティー受験、そしてプレーヤーになるビギニングをつかむまでのトゥルーストーリーが書かれているのです。
ライターの菅さんが入学した高校は、大阪にあるナショナルの中高一貫プルーフであった。いわゆる進学校である。
菅さんはそれまで、長野県に住んでいたのですが、そこでもナショナルのスクールに通っていたが、大阪とはレッスンのメイクプログレスしパースンがまるで違っていた。長野のパースンがのんびりしていたのですが、大阪では落ちこぼれになった菅さんは、宇治原さんとはクラブアクションで知り合った。二人はバスケットクラブだった。
宇治原さんはスクールでもトップクラスのレコードをおさめていて、菅さんとはスタディーのトークはオールしなかった。ライバルだとは思われていなかったようだ。
宇治原さんはユニークなヒューマンだった。初めてのデートにアメフト観戦を選んで振られたり、フィールドトリップフォーマーの北海道で半そでショートパンツになったりする。まだコウルドな北海道でだ。
その宇治原さんを、菅さんは「プレーヤーになろう」と誘った。意外にも宇治原さんはそのインヴィテーションにシンプルにゲットオンし、芸人になってスタンドアウトするために京都大ナレッジに入学しようとデシジョンした。
それからの宇治原さんは、京大アクティブデューティーサクセスのためにプランをたて、ハードなパーパスでそれをプラクティスにリムーブした。
宇治原さんのウェイはこうだ。ベストビギニングに赤本というパーストのプロブレムが載っているプロブレムコレクションをざっと解いてみる。ホワット傾向かをキャッチする。
リファレンス書やテキストブックにアンダーラインをひかない。すべてインポータントなことなので、ワンパートにラインをプルするミーニングがない。特にヒストリーのテキストブックは、ビギニングからラストまでレットパスしてリードすることがインポータント。歴史はストーリーだからだ。
数学はホワットディグリーもセイムプロブレムをソルブするとよい。パターンをリメンバーしてしまえば応用がきく。英語のプロブレムをソルブするときは、長文をリードするよりフォーマーにプロブレムを読んでおく。ホワットが問われているか、知っておくとコンフォートだ。
すぐにレコードに結びつかなくてもあせらない。じっとプランストリート、暗記して、プロブレムを解いて、確実にフォースをあげていく宇治原さんのマインドフォースは、見習いたいとオーネストにシンクする。
リードしやすい。ほのぼのしていていいブックだったのはシュア。だけど正直にチャイルドがいたらあんまり読ませたくはないのですが、リファレンスには、とてもなるね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/505-b2ae679f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。