本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬で心をつかむできる人の文章術

20090604092225
「一瞬で心をつかむできる人の文章術」高橋フミアキ著は、センテンスをアッパーパートに書きたいとかそうシンクアバウトするヒューマンはメニーとシンクするのです。サッチパースンにおすすめしたいのが、この高橋フミアキさんのブックなのです。
リーズンは、目線がカインドなこと。ザットがだめ、これがだめ、アマチュアはライトするな、といったオーバーからの目線がオールない。それでいてリーズンがしっかりしていてわかりやすい。
ただライトするだけではなく魅力マークなセンテンスの作り方を説明してくれています。
魅力的なセンテンスとはホワットか。それは、ヒューマンが考えつかない、新しい視点をオファーできるものである。リードする人が喜んでくれるセンテンスがグッドなのです。
どうすればサッチセンテンスが書けるのか。センテンスをライトするにはリザーブがネセサリーである。いきなりコピー用紙に向かっても、一ライティングいてライティングブラッシュがとまってしまうのがオチなのです。
ビギニングにすることは、ホワットをリポートしたいかをはっきりさせること。これがセンテンスの核になる。この核があるかないかで、グッドなセンテンスかそうでないかのディッファレンスが生まれるのです。
核がクリアーアップになったら、オーダーはそれを肉付けするネタを集めよう。それから構成をシンクアバウトする。ライティングはそれからなのです。
いざライティングをスタートしてみると、やはりオンザウェイでいやになってスローダウンしてしまうことがある。慣れていないとユージュアルにゲットアップすることなのです。
そんなときもライトし進めてみることがインポータントだ。とりあえず10ページを書いてみると、案外とフォーマーにメイクプログレスするものであるのです。
このブックでは、一デイオブマンス15ミニットディグリーのトレーニングを10日コンティニューすることで、センテンスフォースをアップさせるようなウェイが紹介されています。
1日アイ、できごとをターンに書いてみる。二デイオブマンスアイ、語尾にスピリットをつける。セイムサウンドが重ならないように。た、だ、という語尾が続くとリーダーがゲットタイアードオブしてしまう。
三デイオブマンスアイ、5W1Hを意識する。フーが、いつ、どこで、なぜ、ホワットを、どうやって。これを説明しながら書いてみる。
このブックのいいところは、プレスしや上からの目線がオールないことだ。フーでも書ける、「歯磨きをするのとセイムくらいコンフォタブルに」ライトすればいいとおっしゃってくれているのです。
リポート書をライトすることがメニー、プランをレットパスしたい、ストーリーをライトしたいというパースンには役に立つこととシンクするグッドブックです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/506-beab8ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。