本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから、社員がやる気になる

20090605135330
「だから、社員がやる気になる!」小西正行著は、シュガー社員というがカンパニーをメルトしてしまうシュガーのような、害悪になる社員というミーニングなのです。
アホでホワットを言っているのですが、ライトな愚痴ならともかく、トゥルースでそれをディスカスするヤツがいたら、まともに取り合うネセサリーはないと思っています。
サッチ社員がいると悩むフリータイムがあれば、マイセルフのカンパニーのトレーニングフォース、もっと言えばユーズフォースのウィズアウトフェイルを真剣にディスカスしたパースンがいいのですが、経営は厳しいものでアナザーパースンをどうこうするビフォーに、チェンジするべきである。
というわけで。小西さんというリフォームカンパニーのカンパニープレジデントさんが書いた、社員のモチベーションのキープしパースンについて書かれているのですが、小西さんはこうシンクアバウトしている。「リーズンもなく全力で走れるヒューマンはいない。マネーフェイスのメリットだけではリミットがある。コンフォートをしているヒューマンをうらやむヒューマンはいない」。
ライフのためにワークするというシンキングはインポータントだが、それではショートなモチべーションしか生まれない。マイセルフのワークがフーかのためになっているとシンクアバウトすることが、ハイなモチベーションにつながるというのだ。
ゲストのため。トゥギャザーにワークする社員のため。それがわかると、社員はマイセルフからワークをシンクアバウトし、リクエストするようになる。シンプルにカンパニーを辞めようとはしない。
インポータントなのはアイディアだ。小西さんはカンパニーのアイディアを社員ホールクルーにリポートしている。アイディアがわかると、社員はおのずからマイセルフのやるべきことが見えてくるのである。
小西さんは、部下とのコミュニケーションをインポータントにしているそうだ。イヤーに50日は必ず部下とパスするタイムをホールドするようにディサイドしている。
小西さんのカンパニーでは、バースマンスの社員をコレクトして会食をするきまりがある。カンパニープレジデントである小西さんも出席する。こうすることで、ワンイヤーの間に全社員とフェイスをあわせてスピークするチャンスができるので、そのエッジに、小西さんがトークするのはドリームだ。カンパニーがホワットを目指すかをトークし、社員のドリームにイアーをリストする。フェイスするべきマークをはっきりとさせる。
社員にこびるネセサリーはないが、部下のワードをきちんとキャッチする姿勢をショーすることがインポータントなのだ。
新卒社員を漢方薬とシンクアバウトし、即戦力をリクエストすることはしない。カンパニーのディッフィカルトなところも正直にスピークして、入社してくれた社員をトレーニングする。
社員にワークをリーブトゥするエッジは、デューティーとともにパワーも委譲する。パワーがないデューティーは社員を腐らせるだけ。
やる気の有無って、けっこうインポータントなんだよね。これでいいか、と済ませてしまうことと、いや、もう少しホワットか工夫してみようとシンクアバウトすることのディッファレンスは、ラストマークにファイナルな違いをギブバースすることになるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/507-0746e3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。