本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困の現場

20090610113337
「貧困の現場」東海林智著は、新聞リポーターのパースンが書いたブックなので、ジャパンの貧困なるワークアクチュアルスポットが描かれているのです。
Tさん、三十二歳ウーマン。正社員としてワークしスタートしたものの、職場いじめにベアーし切れず辞職してしまって、その後はアルバイトを転々とする。
製造アクトのセンドもやった。ロングにサーブしたかったが、ハイアー調整のあおりをアクセプトして失職。製造アクトセンドは便利な調整スピーチソートオブなものでファクトリーの部品ソートオブなものなのである。
コンビニエンスストアでショップマネージャーをしていたスプリングウォーターさんは、過労がコーズでうつ病になった。バケーションなしの連続サービスが29日に及んだことがある。メディカルケアのつかない残業タイムはマンスに120時間をクロスオーバーすることがコモンだった。
スプリングウォーターさんは高卒で就職をするつもりだったのですが、卒業のジャストビフォーにアクシデントで入院し新卒で就職するチャンスをセットフリーしてしまったのです。
卒業アフターはアルバイトをコンティニューしていたのですが、アルバイトはワークエクスペリエンスとはみなされない。コンビニのショップマネージャーはやっとつかんだ正社員のシートで、どんなにディッフィカルトにてもやめてはいけないとシンクアバウトしていた。
この「インネームオンリーコントロール職」はアザーのカンパニーでもプロブレムになっているのです。ショップマネージャー、つまりコントロール職になると残業メディカルケアが支払われなくなるのです。
ファクト、スプリングウォーターさんはショップマネージャーになって手取りが八メニーマネーも下がった。責任とワーク時間は激増したのに。
最近では、マクドナルドの「名ばかりショップマネージャー」が不払いの残業プライスの支払いをリクエストして訴訟を起こし、勝訴したカスタムがある。
ゼイはぼろぼろになるまで働かされ、うつ病になったり、ボディーをブレイクしてカンパニーを辞めていく。
ただでさえ厳しいハイアー環境だ。オーダーの職をポッシブルするウェイもなく、路頭に迷うヒューマンもメニーが、福祉のハンドがゼイに向けられることはない。
ライフケアをリクエストしても、職員の「水際作戦」なるものに阻まれる。ケアを出さないように、リクエストパースンをビーチでチェックする作戦があるようだ。
ヒューマンをヒューマンとも思わないサービスが、ティケットウィンドウではなされている。
ソサエティークラブのリポーターらしい、情念あふれるセンテンス。賛否はおいておくとして、世知辛いソサエティーだなとシンクする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/510-9201f7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。