本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンピングカーで悠々セカンドライフ

20090615095135
「キャンピングカーで悠々セカンドライフ」藤正巖著は、定年退職アフターに、キャンピングカーをバイされたパースンのノートで、関東近郊で出かけられるスポットにもフルに、ちょっとしたトラベルエッセイを読んでいるフィーリングにもなる。
キャンピングカーというと、ビッグにてハイプライスで、さらに燃費がディッフィカルトにてとにかくシーリアスハンドルしにくいもののように思えるのですが。
日本で売られているキャンピングカーのメニーは、普通オートモビールと変わらないベッド面積なのだそうだ。幅2メートル、ロングさ5メートル。ガレージにプットインするに、そうプロブレムはないというのです。
ジェネラルカーと違っているのはそのハイさだ。キャンピングカーのハイさは約2メートル。立ってウォークすることができるのが、ジェネラルカーとの大きなディッファレンスなのです。
インサイドはワイドに、プレザントにパスすることができる。シンクと二つのコンロ、クッキングタワー、冷蔵庫があり、レギュラーと変わらないミールをとることができる。
トイレはもちろん、シャワーもある。キャンピングカーはまさに「ガーデンにおけるセカンドハウス」なのです。ファクトライターは、自宅にいてもこのキャンピングカーのインサイドでワークをすることがあるというのです。
キャンピングカーでトラベルにアピアーするときは、充電とウォーターのリザーブをすればよい。ウォーターは出先のキャンプエンジニアなどで補充することもできる。
スピリットになるのはトイレなのですが、これはダストタスクのタンクにたまったものを、帰宅アフターに自宅のトイレで処理するのがジェネラルマークなのです。
キャンピングカーはジェネラルパーミットで運転することができる。スペシャルなパーミットがネセサリーなわけではない。スピリットになる燃費はリッター約6キロディグリーだという。スモールサイズのトラックとセイムくらい。
スピリットになるプライスは約500万円。ユーズトでルックフォーすると200万円くらいのものもあるのだそうです。
マリードカップル二ヒューマン、犬をリードしてホットスプリングにゴーし、シェイドオブツリーで昼寝をしてゴーバックする。ホットなサマーはクールな高原へゴーアウトし、ネイチャーを満喫する。空調もついているが、網戸があるでウィンドウをオープンワイドしていると、ウィンドが通ってかなりクールだというのです。
悠々自適のセカンドライフ。レギュラーの暮らしをデストロイすることなく、ストレスフリーでトラベルができるというのが、このカーの魅力であるようだ。
スポンサーサイト

コメント

佐々木希、彼氏に×××動画を…その他水着画像もあり!

PINKY専属モデルとして若い世代に大人気の佐々木希ちゃんの彼氏とのとんでもない動画が流出してしまいました。

グラビアとしても活躍する佐々木希ちゃん水着姿を見せるのも少し恥ずかしいというのに彼氏との×××動画が…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/513-d219def6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。