本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河は眠らない

20090617115546
「河は眠らない」開高健、青柳陽一著は、開高健のホワイルアライブに撮られたフィルム「河は眠らない」のコントロールが、フィルムの撮影アワーに撮った写真をコレクトしたものなのです。
ロングにチャージしていた写真を、開高健デスアフターの20年を節目に公開することにディサイドしたのだそうだ。開高氏の写真では、これがラストの未発表作となるというのです。
載せられた開高氏のワードを少し紹介してみます。
・ウィンド倒木がブレイクダウンしてブレイクダウンしリーブになっている。これがムダなように見えていて、実はプレシャスな資源なんであって、ウィンド倒木がブレイクダウンしリーブになっていると、そこに苔がグローし、微生物が繁殖し、アースをリッチにし、小インセクトがやってくる、その小インセクトをキャッチするためにネズミがやってくる。だからあのウィンド倒木のことを、フォーレストをナースしているというのです。ナース婦のパートをしているというので「ナース・ログ」と言うんですけれども、ネイチャーに無駄なものはホワットもないという一つのカスタムなんです。
・ディスタイムはじめて五七ポンドのサーモンキングをフィッシュすることができて、バイワンセルフをクライムオーバーすることができたわけです。生涯かけた放浪とハントのタイムが終わって、霧散していた自我がターンに集結して、そしてヒーはレースとして蘇るためにデスのグレートジョイを味わっている。
それはレースと回生と繁栄のためなんですけれども、イノセントとデスの交錯のモーメントのインサイドにリブしていると、ホワットダメージでもジャンプオーバーしていくのです。
鮭はシーリアス悲壮。ワールドのアイからウォッチすると生涯でたった一回の結婚とデスのために結婚の直後のデスなのです。
・ユーは悠々としてハリーということやな。クワイアットとしてハリーと言ってるんだよ。
・かくして魚のいのちは終わった。フィッシングヒューマンもやがてはダイする。しかし、リバーは眠らない。
開高さんはブックのインサイドで、「筆舌にランアウトしボディービルド」というのはライターの敗北であるとステートしている。開高氏が物事のエッセンスにワードでドローニヤーし、エスケープする姿勢を見せないところなんです。フィットにフロートするフィギュアというのがないのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/515-1d7f221a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。