本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシック・インカム入門

20090619205152
「ベーシック・インカム入門」山森亮著は、ベーシックインカムとは、プライベートパースンに対して、無条件でプレゼントされるマネーのことである。マンも女も、働いていてもいなくても、リッチマンでもプアーでも、無条件でユニフォームの所得が保障されるというのである。
ライターはシンクアバウトしている。ヒューマンはフーしもリブするライトを有している。であれば、リブするためにネセサリーなマネーをポッシブルするライトはフーにでもある。
ベーシックインカムというシンキングがどのようにしてボーンし、発展してきたかが述べられている。ソウトヒストリーソートオブなフィーリングなのです。
カレントのソサエティーでどのようにプラクティスできるのかをがつんとノウしたいヒューマンにはやや肩透かしであるかもしれない。フィッシュをクッキングするためのレシピブックのつもりが、フィッシュの生態をノウするサイエンス書を買ってしまったようながっかりフィーリングは無きにしも非ずなのです。
このジェネラルアイディアがストレインジなものでも、突然発生したものでもないことはよくアンダースタンディングできるのです。現実マークなアプローチについても、終章でインイットセルフにリファレンスされているのです。
ベーシックインカムというシンキングを提唱しスタートしたのはウーマンたちである。1970年代のアメリカやイタリアで、家事ワークに対する評価を高めようというシンキングのもとに提案されたのです。
これらは不況と政府の弾圧のために下火になったが、ビジネス学者のインサイドにもそれとシミラーしたシンキングを持つものがあったのです。
19世紀ミドルには、ロットはエッセンシャリーすべての人のシェア財産である、それを私有とするのならば、その代償としてすべてのヒューマンにユニフォームの所得が付与されるべきというソウトがボーンした。
アメリカ独立を説いた「コモンセンス」のライター、トマス・ペインもこのシンキングをチャンピオンコーズする一ヒューマンなのです。
やがて20世紀にはいると負の所得タックスというシンキングがボーンするというのです。この説は、日本でも著名なフリードマンも提唱していた。
負の所得タックスとは、ミニマムのライフコストをディサイドし、所得がそれにイナフしていない場合はオポジットにそれを付与するというものだ。所得に課税するケースも、そのライフコストの金額が控除となるというのです。
フリードマンのシンキングでは、ソサエティー保障を官僚機構にリーブトゥするよりも、一律の所得を保証するほうが、運営コストは安上がりなのだというのです。
ファクト、ワークは減っている、とこのブックには書かれている。アートの革新がすすみ、イーチパースンのワークは減っているのに、完全ハイアーをリーズンとしたソサエティー保障のシステムは時代遅れであるのです。
ユニフォームのマネーがもらえ、リブすることが保障されているソサエティーでは、子育てもピースオブマインドしてできる。無用なワークをアッドトゥすることもなく、環境のためにもなるのです。
保障があるとヒューマンは働かなくなるというけれど、衣食イナフして礼節をノウするということわざもあるのです。本当に満足できるワークパースンができるソサエティーになるのではないか。
年金の不正がクリアーにされているが、つまりそれは、官僚メカニズムによるソサエティー保障の運営コストがかかりすぎるということの表れなのです。
ベーシックインカムのディスカッションがアピアーすると、必ず財源のプロブレムをマウスにするヒューマンがいるが、果たしてそれはトゥルースなのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/517-de89b56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。