本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK 1

20090709131941
「1Q84 BOOK 1」村上春樹著は、30エイジになろうとする二ヒューマンの男女のストーリーが、1チャプターごとに交互に描かれているのですが、ウーマンのネームは青豆。あおまめとマンは天吾です。
・青豆:贅肉のオールついていない、ビューティフルなボディーをした青豆。シーのワークはスポーツジムのインストラクターなのです。
青豆は、護身アートをプライベートパースンマークにレクチャーしているウーマンから、あるワークを請け負っている。ウーマンに暴力を振るうマンを暗殺するワークなのです。
ワークをリクエストするウーマンは、シェアで財産を築いた七十プライスミドルのウーマン。ドーターを配偶パースンの暴力でルーズサムしてシンス、セイムような境遇のウーマンをかくまうということをコンティニューしている。
青豆が育った家は宗教の戒律が厳しいハウスだった。チャイルドは、スクールがバケーションになると親とトゥギャザーに布教に回らなくてはいけない。変わったチャイルドだということで、スクールではいじめられた。そのとき、ただ一ヒューマンかばってくれたボーイに、青豆はラブをしているのですが、アダルトになった青豆は行きずりのセックスアクトを、ストレインジマンと楽しむことをカスタムにしていた。ウーマン警官のあゆみというウーマンとゲットトゥノウし、二人でマンフィッシングをするようになっていたのです。
サッチ青豆は、ある宗教アソシエイションの教祖がドーターを強姦しているというトークをウーマンからきかされる。ヒーを「ディッファレンスのワールドへ送ってほしい」と頼まれ、ウーマン警官のあゆみに調査をリクエストするのです。
・天吾:天吾は予備校の講師をしている。ティーチャーになることもシンクアバウトしたが、ストーリーハウスをドリームする天吾には、フリーダムになるタイムをホールドすることがプレシャスだった。
ニューフェイスプライズのレッスンスタディーのアルバイトもしている天吾だが、あるデイオブマンスショックマークなワークに出会った。ふかえりというドーターが書いた、エアさなぎというワークだ。
編集パースンの小松にショーしたところ、小松はとんでもない策謀を考えついた。まだ未熟な表現のリメインするエアさなぎを、天吾に書き直させようというのだ。作者はふかえり。高校生ということもあって、トピックをコールアウトするだろう。ヘブンマイハンドをプットインしたことはシークレットにする。詐欺アクトにもイコールなことだ。
悩んだトップエンド、天吾はそれをアンダースタンディングする。エアさなぎの魅力には効しボディービルドなものがあった。作者であるふかえりとミートすることになった天吾は、ふかえりのミステリーなキャラクターにサプライズドすることになる。
ふかえりはディッフィカルトトゥリード症だった。両親はいない。ケアパースンによると、シーの両親はある宗教アソシエイションのコミューンでリブしているのだそうだ。
スチューデントエクササイズがポピュラーだったピリオド、スチューデントたちをリードして闘争にボディーをスローしたユニヴァーシティープロフェッサーがいる。それがふかえりのファザーだ。ヒーはやがて自給自足の農業コミューンをスタンドしギブし、アフターに宗教アソシエイションとなった。ふかえりはたった
ヒューマンでそこからエスケープしてきたようなのだ。天吾はアゴーのクラスメイトのことをふとリメンバーした。ハウスの宗教のせいでいじめられていたガールのことを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/527-43980252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。