本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK 2

20090710094326
「1Q84 BOOK 2」村上春樹著は、空気さなぎは、ベストセラーになった。山奥のコミューンでリブするドーターのストーリーでなのです。ヘルプをしていた山羊が死んだため、ドーターは監禁の罰をアクセプトする。
あるイーブニング、山羊のマウスからチャイルドがアピアーしてきて、彼女に空気さなぎをメイクと言った。ゼイはリトル・ピープルと名乗った。
・青豆:青豆にはマンスが二つに見える。シーは老ウーマンのガイダンスにより、教祖をマッサージするワークを引き受けることになった。武器であるアイスピックをハンドに、青豆は教祖がいるホテルに向かった。ヒーをキルすれば信者に追われることになる。これをフィニッシュしたらフェイスもネームもチェンジして、ディッファレントパースンになるつもりだ。教祖はふかえりのファザーである。ヒーは青豆に、ディスワールドにはリトル・ピープルなる存在がいるとティーチする。
教祖はトークする。マイセルフはリトル・ピープルの代弁パースンだった。ドーターとカスタム交渉を持ったのはシーたちがマイセルフの跡継ぎを欲したからだ。
ヒーは、青豆がいる「カレント」は1984年ではなく、1Q84年だと言った。リトル・ピープルは天吾を狙っている。チェックしたければマイセルフをキルしてほしい。青豆は組織に狙われてダイするが、天吾はリブロングすることができる。青豆は教祖のライフを絶った。隠れ家に潜伏し、アワーがパスするのをウェイトするが、運命のガイドしにより天吾のフィギュアをアイにすることができた青豆は、タクシーでキャピタルシティー高速道路に向かった。エマージェンシーイグジットがある。アゴーそこからインアンドアウトしたときからワールドがチェンジしスタートした。もう一度そこへゴーし、ドゥオーバーアゲインしたい。
But、イグジットは封鎖されていた。青豆は拳銃をマウスにプットインして引き金を引いた。
・天吾:天吾のサーブする予備校に、コールパースンが現れた。キャピタルをテイクアウトするので、ライティングにドライブインという。ダウトなリクエストを天吾は断った。
天吾は痴呆症をフォールイルし、山奥のエンジニアにいるファザーをアスクした。天吾はファザーを愛していない。マザーにはディッファレンスのマンがいたのではないかと疑っている。トゥルースのチャイルドではないと告げられ、アンダースタンディングする天吾であった。
そのデイオブマンス、ふかえりが天吾のもとへやってきた。リトル・ピープルがウォッチしているという。オハライをしなければ、とふかえりは言い、天吾にボディーをアッドした。天吾には、ふかえりとのカスタム交渉のミーニングがよくわからない。マイセルフは、これまでにホワットヒューマンかとのウーマンとボディーをアッドしたが、本当にゼイがラブだったのだろうか。マイセルフがリクエストしているウーマン、それはプライマリースクールにいた、宗教がコーズでいじめられていたガールだけだ。ガールのネームは青豆だ。バーで酒を飲んだ天吾は、リターントリップの公園で月が二つになっているのをウォッチした。マンスが二つ。これはストーリー、空気さなぎのワールドだ。
天吾はマンスを見上げていた。ロードひとつを隔てたマンションで、青豆がヒーをウォッチしているのを知らずに。天吾はディサイドした。青豆を探そう。愛しているのはユーだけだとリポートしたい…。青豆と天吾の孤独、アースのフィギュアにアピアーしてくるミュージックやストーリーがかもし出すムード、リトル・ピープルのパズルなど、独特のワールドルックは魅力マークです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/528-dfe7e6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。