本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五〇〇億ドルでできること

20090717145032
「五〇〇億ドルでできること」ビョルン・ロンボルグ著は、2002年に発表されたコペンハーゲンコンセンサスをまとめたブックです。コペンハーゲンコンセンサスとは、環境プロブレムとか貧困とか、飢餓、病気、ウォーなどの世界中のプロブレムのうち、何から解決すべきかの優先オーダーをサジェストしたものなのです。
特徴は、プロブレム解決のメソッドがビジネス学者からなされたものであるということで、人道的な立場からのプロブレムブリングスートではあるだろうが「ホワットにカネをかけるべきか、ホワットがベスト効率マークか」というテーマでまとめられていたのだ。
ベストにシンクアバウトしているものは、感染症対策だ。中でも、エイズ対策にはエマージェンシーのサポートがネセサリーだとされている。
ワールド全体の死因の約5パーセントをアカウントフォーするエイズ。感染の90パーセントは開発途上カントリーで発生している。ミクロビジネスマークな影響としては、エイズ発症パースンがホームにアピアーすると、治療コストに莫大な金がかかる。ロットを売って治療コストにあてるホームがある。
マクロビジネスマークにウォッチすれば、患者はワークすることができないのだから、エイズの流行はワークパースンの減少につながる。介護パースンがネセサリーにもなるので、リブバースカスタムはさらにフォールする。
北アフリカでは、エイズが存在しなかったケースにコンペアーしたビジネスの損失は、2025年までにカレントのGDPの35パーセントフェアーにヒットするという。
プロブレムの回避には、プロテクションアゲンストと治療がネセサリー。避妊トールのユーズ、セーフティーなニードルのユーズ量をアッドトゥするだけで、GDPの損失を20パーセント減らせるポッシブルカスタムがある。
トレード障壁の撤廃についてもディスカッションしている。国家が自国の産業をケアするためにとっているポリシーを緩和し、開発途上カントリーのプロダクトを輸入することで、開発途上カントリーの貧困プロブレムを解決することができる。
トレード障壁のスルーアンドスルーがかなうと、貧困、飢餓などのさまざまなプロブレムが連動して解決するポッシブルカスタムがハイ。国内のワークアソシエイションやロビーアクションなど、政治マークなアクティビティーによってディフィカルティとされているプロブレムではあるが、トゥルースのところ、この解決がベストコストアゲンストエフェクトがハイなのである。
解決にネセサリーなアクションは、イーチネイションヘッドのディスカッションのプレイスをクリエイトすることだけだからだ。一ディグリーのミーティングで、ロングタイムピリオドマークなメリットが得られる。
さっぱりしたセンテンスで、ワールドのプロブレムをカネ、カネ、カネ、で切り取っていく、ワールドのみんながインイットセルフに暮らせるようになったコンディションが、ベストビジネスマーク、効率マークってことなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/533-d48f27b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。