本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰でもカンタン恐怖!!爆笑!?心霊写真をつくろう!

20090727154108
「誰でもカンタン恐怖!!爆笑!?心霊写真をつくろう!」は、そこにないはずのフェイスやライトが映っていたり、ボディーのワンパートがゴーアウトしてなくなって見えるスピリット写真です。これらのワンダーな写真のテイクしパースンを、懇切ケアフルに説明してくれているのです。
ディフィカルティディグリーがプラネットマークで表示されているので、シンプルなものからテストしてみるのもファンそうですね。
・あるはずのフットやネックがゴーアウトしている。トールもトリックもネセサリーなし。シャッターを撮るモーメントにフットをギブするだけ。
ネックがゴーアウトしてハブアンオーディエンスするのは、後ろ向きのヒューマンがネックをビフォーにリストしているからで、フードのついたクローズズだとサクセスレートがエンターするのです。
・シーンのインサイドに浮かび上がるフェイス。カメラのレンズのビフォーに、斜めになるように透明のボードをプットする。CDケースの透明なパートをユーズすると良いそうです。
この透明のボードにカムアウトしこむようにキャラクターを立たせ、透明のボードアクロスに写真をテイクする。ぼんやりとキャラクターのフェイスが映った写真が撮れるのです。
・無数のライトが宙をダンスする。この写真をテイクするために用意するのは、クリーニングチャンスの使用済みペーパーパック。ごみがつまったやつですね。
シャッターをプッシュするモーメントにレンズのビフォーでこれをたたき、埃をテイクアウトするのがポイント。カムアウトしこんだダストが、スペースを舞うライトに見えるのです。
・ストーンライトバスケットの中のフェイス。穴の開いたストーンライトバスケットを探そう。その中にミラーをプットインする。キャラクターのフェイスがそのミラーにカムアウトするようにして撮影し、スタンドプレイスなど、細かい調整がネセサリーか。
・水中にアピアーするヒューマンのフェイス。あらかじめ、ヒューマンのフェイスの写真を用意しておく。それを切り取ってウォーターにフロートし、写真をテイクするのです。
これを応用すると、ハンドだけ、フットだけが不気味に浮かび上がる写真を撮ることができるのです。
・ウォールにカムアウトするウーマンのフェイス。シャッタースピードをレイトにするのがこの写真のポイントです。
ゴーストウォーをフレームのインサイドに立たせる。このとき、フェイスがスタンドアウトするようにダークなクローズズを着るのがよいです。
シャッターが切られたら、ゴーストウォーは急いでフレームのアウトサイドに出る。フレームインサイドにロングにステイすればするほど、「幽霊」がシックにカムアウトするので、ホワットディグリーかテストして調整るするとよいのです。
よい「スピリット写真」をテイクするには、薄暗いタイムをチューズすること、ゴーストウォーのクローズズはダークなもの、カメラの感度はショートにクリエイションすることなどのスポットをプロテクトすればよいらしいのです。
カメラは、シャッタースピードが変えられるものをチューズしたい。工夫すれば、たいていのスピリット写真はデザインマークに撮れるようになるようです。
これでひとつ、ソサエティーからアフレイドなものが減ったようなスピリットがする。うれしいような、ロンリィなような。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/538-14d0ab94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。