本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビではわからない ジャパネットたかたのすべて

20090818103138
テレビではわからない ジャパネットたかたのすべては、ジャパネットたかたのカンパニープレジデントはもちろん、社員たちも熱心だし、何より話し方がケアフルなのが耳にコンフォタブル。タームオブリスペクトもしっかりしてる。
商人だからユージュアルなのかもしれないけど、見ているヒューマンを不快にさせないアテンションがいいのよね。すごい話術だといつも感心してしまうのです。
このブックでは、ジャパネットたかたがホワットカンパニーなのか、ホワットヒューマンが働いているのかが紹介されている。ライターのパースンはセイムファームを30日に渡って取材したののです。
ジャパネットたかたはニューズ販売のカンパニーでチラシはジャパンホールカントリーに配布され、テレビの生放送番組もやはりホールカントリーで放映されているのですが、セイムファームは長崎県佐世保市にヘッドオフィスをセットアップしており、東京などのラージシティーにビジネスプレイスをクリエイトしてはいない。ショップもない。福岡にコールセンターが一パッセージ、北九州と名古屋に配送センターがあるだけなのです。
ヘッドオフィスの最寄り駅は日宇という無人ステーションである。カンパニープレジデントの高田明は長崎のバースであり、そこからアピアーして行こうとは考えていないのです。高田カンパニープレジデントは、格差というワードにハードな抵抗をフィールするそうだ。地域格差、収入の格差。いろいろと言われているけれど、マイセルフで負けをライトアップするようで、格差というワードをマウスにテイクアウトするのがいやなのだとか。シティーからリーブした長崎ビギニングのビジネスでも、ベリィハードやれば必ずサクセスできるとビリーブしているのです。高田カンパニープレジデントはもともと、カメラの販売をワークにしていた。写真の現像もメイクしており、フィルムをコレクトするために佐世保インサイドを走り回ったのです。やがてラジオで商品を販売するワークをスタートするようになり、これがジャパネットたかたの前身になったのです。カンパニーにはホワットもなかった。ビギニングはタレントを使っていたが、佐世保のヘッドオフィスまで来てもらうにはファーすぎる。カンパニープレジデントがステージアピアランスし、社員がカメラをまわすシステム
ができあがったのです。ゼロから物事をスタートするのが高田のスタイルなのです。
社員のバランスエイジは27歳とヤング。それぞれがエブリバディ、ワークに前向きに取り組んでいるようだ。カンパニープレジデントとともにテレビステージアピアランスしている社員のインタビューもアピアランスされている。バイヤーやカメラのワークからの抜擢だそうで、それまでのエクスペリエンスを生かすことで、よい販売ができるとシンクアバウトしている。高田カンパニープレジデントの一日密着レポート、各部署の社員のインタビュー、最寄り駅のグルメインフォメーションなど、ジャパネットたかたに関するインフォメーションがフルロードなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/550-b8c43522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。