本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラがみつけた外国人の東京スタイル

20090825105159
「ドラがみつけた外国人の東京スタイル」ドラ‐トーザン著のドラ・トーザンさんはフランスバースのジャーナリストなのですが、フランスとジャパンのブリッジビルディングとなるべくアクティビティーをされているそうです。
そのドラさんが、東京でリブするフォーリンカントリーヒューマンのパースンのルームを取材して、紹介してくれているのです。
ドラさんのフレンドのルーシーさんの部屋は、神楽坂なのですが、ドラさんのご近所にハウスであるようです。ルーシーさんは、ライフフィーリングのないルームをよいとは考えていない。和紙やクロースをカーテンの代わりにしています。シーは東京の蚤の市に行くのがラブで、漆ボックスや着物を買ったり、100円均一もラブで、フランス語がデコレートし文句になった雑貨をコレクトしているというのです。ハウスのインサイドでは靴をテイクオフし、畳の感触をエンジョイワンセルフしダイレクトグラウンドに触れたようなセンスオブタッチがするのだそうです。
ヴァレリーさんのライフのポストは禅、陶芸、クッキングということで、築100年の古プライベートハウスにリブインし、縁側でティーをエンジョイワンセルフする。ウォールにカムオフしフォールダウンしたプレイスがあるが、ネイチャーへの回帰をアソシエイションさせるので気に入っているというのです。自宅ではクッキングクラスルームを開いていて、コンセプトはフランスのホームクッキングだが、最近ではジャパンの食材も取り入れられるようになったというのです。
ヴァレリーさんはジャパンハウスの魅力は、そのオープンマークなつくりにあるということで、エブリデイ座禅を行っているというのです。
ジョニー・ウォーカー、ジャパンネーム、和歌助人さんは、財団を運営し、ヤングなアーティストをサポートしているのです。ヒーのハウスは町屋をデザインして建てられたものだ。ハウスのミドルに巨大なミドルが植えられたミドルコートがある。ハウスは四階建て。一階のメインルームでは、ヤングパースンアーティストのワーク展示がされているのです。
コロンビアから来たパブロは、ジャパンのワーカーが大好きで、下町にリブインしたかったがかなわず、プレゼントタイムは麻布のオールドなアパートに住んでいる。
パブロのプレジャーは、江戸ヒストリーミュージアムへ行ったり、テレビのピリオドドラマをウォッチすることで、ヒーはアーティストなので、かんざしや帯ストップし、蒔絵のワークを作っているのです。
オシャレなインテリアのブックで、ファンデーションマークにきれいな家がメニーに、ヘッドハウス東京スタイルのフォースには到底かなわないのですが、フローリングにソファというインテリアがメニーに、日本にリブインするフォーリンカントリーヒューマンのルームというよりは、オシャレな高所得パースンのラブリールーム」の紹介といったフィーリングですが、ヨーロッパのインテリアにインタレストがあるヒューマンにはファンなブックといえます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/555-8dfb963e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。