本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか

20090827071241
「レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか」内藤誼人著は、メインビルディングでやたらと目にスタートするブラックなフロントカバーのブックです。
イラストとそれに関するクェスチョン、解説があるピクチャーをウォッチしてどうシンクするか、ちょっとした発想の転換ができたでしょうか、というスタイルのブックなのです。
クェスチョン1:ふたりの男性がいる。ひとりはややロングエンドのヘアーをミドルでわけるヘアスタイルで、スーツのビフォーをきちんととめている。そばに灰皿。グラスのインサイドのウォーターは少ない。もうひとりはショートヘアーで、カジュアルなスーツをウェアーして、ビフォーのボタンを開けている。横柄な表情でボディーをいすにもたせかけている。ヒーはドリンクには手をつけていないようだ。このふたりのどちらが交渉コンパニオンとしてはディッフィカルトか?
アンサーはフォーマーなのです。マサチューセッツユニヴァーシティーのスタディーパースンによると、スモーキングパースンはアタックマークで、アタックマークなヒューマンほどのどがサースティしやすいというのです。
クェスチョン2:レジ待ちのラインが3ライン。どのラインもセイムナンバーオブピープルだ。
Aのラインにはヤングなウーマンふたりとスーツフィギュアのマン。
Bのラインにはスチューデントウィンドのマン、ヤングなウーマン、老ウーマン。
Cのラインには高齢パースンふたりとヤングなウーマン。
ベストアーリーにレジを済ませることができるのはどのラインか。このケース、ラインのインサイドのオールドパースンの数に注目します。お年よりはアクションがゆっくりしているからだというのです。これがスルドイルックといえるのかどうか、よくアンダースタンディングができなかったのですが、推理フォースを働かせ、レギュラーライフをベターにすごすためのブックなのですが、本当にベターになるのかはアンダースタンドしません。
クェスチョン3:犬が一ヘッドとウーマンが3人描かれている。このウーマンのインサイドで犬の飼い主はフーか、見極めよ。アンサーはまあ、そのインサイドのひとりということなのだけど、シースルーするポイントに思わず笑ってしまいます。「ペットとオーナーのフェイスは、よくシミラーしてくるというオピニオンからすれば、コレクトはAの女性になる。Aのウーマンのフェイスはクリアーに犬っぽいからだというのです(苦笑)。
クェスチョン4:マンがひとりとウーマンが3人描かれている。マンの配偶パースンをシースルー。
アンサーは、ペットでさえ、ロングにトゥギャザーにいれば、オーナーとシミラーしてくるのだから、マリードカップルにもセイムことが言えるのではというくらいの推理フォースを働かせて欲しいというのです。
このディグリーの推理フォースなのですが、サッチ本紹介するなというボイスが聞こえてきそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/557-473d5f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。