本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対貧困

20090903104831
「絶対貧困」石井光太著は、1日1ドルビローでリブする人たちのライフを、赤裸々に書いたブックなのです。ライターはこのブックで「ワールドリアル貧困ナレッジ講義」をパフォームすると書いているのですが、貧困問題というとヤングパースン向けの清純な貧困のトークばかりがされていたが、現実の貧困をリポートしたいとあるのです。ティアーゲットものではないですし、悲惨であったり、いかがわしいトークもたくさんあるのですが、思わず吹き出してしまうユーモラスなエピソードもある。ワールドのフォースみたいなものを感じられるブックなのです。貧困といってイメージするものはプアーピープルタウン、スラムといったものもそのひとつであるとシンクするのですが、このスラムの成り立ちから「貧困ナレッジ講義」はビギンするのです。スラムに流れ込んでくるヒューマンたちは、エリアで食い詰めたヒューマンであることがメニーなのですが、スラムになるプレイスはたいてい、タウンの住民がリブインしたがらないプレイスなのです。デンジャーな川べり、鉄道アロング。ゴミ集積プレイスのようなダーティーなプレイス。ポピュラーのないストリー
トコーナーに、スラムがフォーメーションされることもあるのです。ヒューマンがギャザーするとタウンとしての機能がボーンし、スラムに集まってくるヒューマンをコンパニオンにトレードをするスラムの住人もアピアーしてくるのですが、ヤングマンが結婚してチャイルドをギブバースし、コモントークも増加するのです。そういったプレイスを危険だと思いがちなのですが、実際にはそれほどでもないのです。イーチパースンのジェネラリィはまじめに働いてリブしていますし、新聞などの雑貨をセルするヒューマン、バイシクルタクシーの運転ハンドをするヒューマンとさまざまなのです。耳かきハウス、ツメきりハウスというトレードもあるそうです。セルするものがないヒューマンは物乞いをするのですが、このトレードのケース、ダメージがある、チャイルドであるなど、ウィークなことはベターなことといえるのだそうです。ジェネラル的な物乞いのケース、一デイオブマンスの収入は500円で、リッチな物乞いになると1000円は稼ぎ、インサイドにはipodを持っているヒューマンもいるのだそうです。悲惨なエピソードもあります。マフィアがチャイル
ドに物乞いをさせるケース、子供にわざとダメージを負わせることがあるのだ。アイをつぶす、イアーや手足をカットダウンするなど。チャイルドが、「マイセルフがディッフィカルトからこうなった」と言っているのが悲惨ですね。それ以外にマイセルフのマインドをキープするすべはないんだ、と書かれているのです。アフリカのカスタムでは、ロードライフパースンはアジアのようにタウンに溶け込んでリブすることができないのです。シチズンとはタッチすることがないのだという。アフリカでは、ロードライフパースンはマンはマン、ウーマンはウーマンでグループを作って暮らしていて、マンのロードライフパースンは、強盗や強姦をすることで飢えをしのぎ、性欲をフィルしているのです。強姦された少年のトークもアピアーしてくるのですが、悲惨すぎてチェストがつぶれるソウトがします。ウィークなチャイルドは犯されたり、ソルジャーとしてウォーにかり出されたりするのです。アフリカの貧困のパースンが殺伐としているスピリットがします。あとがきでライターは、貧困はマイセルフたちの暮らしに無縁なものではない。ある日、このリッチと考えられている日本
にヒューマンが流入し、スラムをフォーメーションし、コモントークを増やしスタートしたらどうなるのか。グローバル化するワールドの中で、貧困は決して他人事ではないと書かれているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/562-9f863105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。