本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは猟師になった

20090907100707
「ぼくは猟師になった」千松信也著ですが、農業をスタートしましたというブックはわりとあるのですけど、猟師になりましたというブックは珍しいです。ライターの千松さんは兵庫県伊丹市のバースで、ショップやプライベートハウスのスペースに水田がリメインする、いわゆる「タウンの中の田舎」で育ったというのです。幼いタイムからアニマルにインタレストがあって、いろんなアニマルをハウスで飼っていた。犬やキャットはもちろん、インセクトやざりがに、大きなフロッグを飼育したこともあるのです。獣医になることもシンクアバウトしたが、カーにひかれたキャットを助けられなかったことがアングザイエティーになってコースをチェンジした。文系のロードにメイクプログレスし、京都のユニヴァーシティーに通ったのです。サッチ千松さんが猟師になろうとディサイドしたのは、アルバイトフォーマーの運送カンパニーに猟師さんがいたからなのです。千松さんは、ガンをユーズするゲームではなく、わなをユーズするゲームがしたかったのだそうです。奇遇にもアルバイトフォーマーで、ワイヤーでゲームをとるゲームをしているヒューマンに出会うことができたの
です。千松さんはカレント、京都の田舎でリブしている。ハウスのロングサイドがマウントで、猪がたくさんアピアーするそうです。エブリイヤーオータム、11月15日が狩猟解禁日として定められている。この日になると、猟師はマウントにゲットインし獣がパスするロードにわなをレイするのですが、ワイルドのアニマルはにおいに敏感である。ユージュアルタバコを吸うヒューマンも、この日が近くなると禁煙をする。また、わなそものもののにおいを消すために、わなをボイルしたり、アースにフィルアップしたりするヒューマンもいるのです。シンプルにゲームがかかるわけではない。エクスペリエンスや観察がいる。アニマルがパスするロードをノウし、ゼイのギャザーするプレイスを見つけなければいけないのです。わなをしかけたら、一日にフィギュアディグリー見回りに行かなければならないのです。ロングなスペースわなにかかったままだと、肉の質がフォールダウンしてしまうからなのです。そしていざ、ゲームがかかっていたら、止めを刺さなければいけない。ガンを持っていたら撃つのだが、ガンを使わない千松さんは「どついて」ゲームをキルするん
だそうです。キルしたアフターは解体だ。内蔵をテイクアウトし、マウンテンストリームがニヤーにあればミートを冷やしたい。膀胱や肛門はクイックにカットオフするネセサリーがある。においがリメインするからだ。切り取った内臓はスローアウェイするのではなくアースにフィルアップする。フィルアップしたものは狸なんかがやってきてイートしてしまうのです。猪や鹿のミートはとてもおいしいのだという。やわらかくてバッドスメルなどまるでない。フレンドを呼んで振舞ったり、スモーキングにしてチャージしたり、千松さんはインポータントにインポータントにミートをイートするのです。解体は写真で解説されていますが、ユージュアルイートしてるミートだって、誰かがこうやって解体してくれているんです。考えさせられることもあり、しかしながら、サッチリーズン云々ウィズアウトにしても、知らないことがたくさんでとにかくインタレスティングなおすすめの一冊です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/564-1282c606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。