本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツダ。

20090908104536
「パンツダ。」k.m.p なかがわみどり ムラマツエリコ著のk.m.pというライターは、スチューデントピリオドにプレイをしていたという二人組のガールです。エスニックなファッションがよくスートするチャイルドでソサエティーヒューマンになっても、サッチウィンドにリブしていけたらラブリーだとシンクすると、照れながらスピークしていた。k.m.pはウーマンふたりからビカムするユニットで、ほんわかしたピクチャーのイラストエッセイがメニーなので、「おかあさんとわたし」「エジプトが好きだから」など、30冊以上のブックを出版しているのです。著者のふたりはもともと、デザインカンパニーのカンパニーメンバーだったのですが、モノをメイクすることがラブで、ホリデイのたびに粘土ワークやアクセサリーを作っていたのだそうです。ある日ふたりは、フリーマーケットで作ったものを売ってみようと思い立ち、ワークをハブして運び、ブルースカイのローグレードでスプレッドしてみたらこれが意外とよく売れたので、ふたりは会社を辞めて、ものを作ってセルすることに専念しビギニングバイトはかけもち、ライフは厳しい。ひと
つのパンをふたりでセパレートして、ぐるぐるしたフィーリングをハブしながらのワークライフが続くのです。そのタイムのことは「k.m.p.のマネーもーけプロジェクト。」というブックに詳しいのだけれど、それを読んで、ふたりのことをティーチしてくれたガールのフィーリングが少しわかったようなスピリットがします。そのときやりたいことをやる。雑貨をメイクしブックをライトし、遊びとワークを一体化させる。k.m.p.さんらしい、ゆるゆる4コマで、ホワイトな楕円のボディーにブラックな手足とイアー。とがったマウスにレッドなパンツをはいたおとぼけパンツダが、延々とひとり遊びをしているだけという超ゆるコミックなのです。雨降りにアンブレラをレイズアンブレラしたら日が照った。アンブレラを地面に突き立てて、インサイドに入ってひとり遊びのパンツダ。ウォールを蹴ってスプレッドをする。どれだけスライドするかチャレンジしてみる、ひとり遊びのパンツダ。転がってきたボールをパンツにプットインして、ぼんぼんスプリングする、ひとり遊びのパンツダ。ダウンを持ってスプリングし、ウォールをクロスオーバーしたらお花を見
つけた。ファンそうなパンツダ。ボックスがある。とりあえず入ってみる。すっぽりゲットインするパンツダ。マジックでフェイスにスポットを書いたら、小さなアイとノーズがわからなくなってしまった、お茶目なパンツダ。k.m.p.さん、ゆるすぎだけど、こういうところ、変わってないのです。パンツダは、ライターがワークで行き詰っているときに、ふと浮かんできたキャラなのだという。そういうミーニングでは、切羽詰ったフェイスのあのひとに、プレゼントしてみてもいいかもしれません。ほっとカインドなフェイスになるか、ユー、何とぼけたコミック読んでんだとぶち切れられるか、どちらかになること請け合いです。ちなみに、ユニットネームのk.m.p.は、金儲けプロジェクトのオールモストで、カンパニーをピリオドして、ワークの合間に行っていたワークアクションのタイムを、ふたりはこう呼んでいたんだそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/565-62ee6586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。